日本史の流れの概要(室町時代)

日本史の流れの室町時代の概要です。

室町時代

1334年 (建武)の新政
(後醍醐)天皇が親政を開始しました。
しかし2年後に足利尊氏との戦いに敗れ政権は崩壊しました。

確認

1338年
南北朝時代
(足利尊氏)が(征夷大将軍)になり、室町幕府を開きました。
(光明)天皇から任じられました。(持明院)(京都の北朝)
(後醍醐)天皇は認めていません。(大覚寺統)(吉野の南朝)

確認

 

足利尊氏像(浄土寺蔵)/Wikipediaより引用

 
1349年 観応の擾乱(かんのうのじょうらん)
足利尊氏の執事の(高師直(こうのもろなお))と足利尊氏の弟の(直義(ただよし))の争い。

確認

1352年 (半済(はんぜい)令)
守護が年貢の半分を徴収することを認めました。

確認

1392年
南北朝合一
(足利義満)の仲介で南北朝がひとつになりました。

確認

 

足利義満像(鹿苑寺蔵)/Wikipediaより引用

 
1394年 足利義満が(太政)大臣になりました。

確認

1397年 北山文化
足利義満が(金閣寺(鹿苑寺))を建てました。

確認

1404年 足利義満により(日明)貿易が始まりました。(勘合)貿易とも呼ばれます。
勘合とは合い札です。
対等貿易ではなく朝貢の形式でした。

確認

1428年 正長の土一揆(しょうちょうのどいっき)が起きました。
1441年 嘉吉の徳政一揆(かきつのとくせいいっき)が起きました。  
1467年 応仁の乱
京都は荒廃し室町幕府は弱体化しました。
西軍:(日野富子)の子の義尚、山名宗全、斯波義廉、畠山義就

東軍:足利義政の弟の(義視)、細川勝元(管領)、斯波義敏、畠山政長

確認

1485年 (山城)の国一揆
山城の国人が畠山義就と政長の両軍を退去させ自治を行いました。

確認

1488年 (加賀)の一向一揆
一向衆徒らが国を支配しました。1580年まで続きました。

確認

1490年 東山文化
8代将軍の足利(義政)が(銀閣寺(慈照寺))を建てました。

確認

1493年 北条(早雲)が伊豆の堀越公方を滅ぼしました。

確認

1543年 種子島に(鉄砲)が伝わりました。
島主は種子島時堯でした。
 
1549年 (フランシスコ・ザビエル)がキリスト教を伝えました。

確認

 

フランシスコ・ザビエル肖像/Wikipediaより引用

 
1553年~1564年 (川中島)の戦い(5回)
上杉謙信と武田信玄の戦いです。決着はつきませんでした。
 
1560年 (桶狭間)の戦い
織田信長が今川義元を破りました。

確認

1573年 (織田信長)が足利(義昭)を追放し、室町幕府は滅亡しました。

確認

関連の記事

日本史の流れの概要(鎌倉時代)

△上に戻る