項羽と劉邦 流れの概要と場所

項羽と劉邦の流れの概要と場所です。

概要 紀元前260年ごろ 戦国七雄
紀元前221年 始皇帝 天下統一
紀元前209年 陳勝・呉広の乱
紀元前209年 項羽と劉邦
紀元前206年 秦の滅亡
紀元前206年 鴻門之会~楚漢戦争始まる
紀元前205年 彭城(ほうじょう)の戦い
紀元前202年 劉邦が皇帝(高祖)になる
韓信関連のことば

紀元前260年ごろ 戦国七雄

戦国七雄とは、秦,楚,斉,燕,趙,魏,韓を指します。

紀元前246年 秦で始皇帝が即位(13歳)。
紀元前230年 秦が韓を滅ぼしました。
紀元前228年 秦が趙を滅ぼしました。
紀元前225年 秦が魏を滅ぼしました。
紀元前223年 秦が楚を滅ぼしました。
紀元前222年 秦が燕を滅ぼしました。
紀元前221年 秦が斉を滅ぼしました。

 

紀元前221年 始皇帝 天下統一

紀元前221年に秦の始皇帝が中国を統一しました。
秦の首都は咸陽(かんよう)です。

紀元前214年に始皇帝が万里の長城の基礎を作りました。

 

紀元前209年 陳勝・呉広の乱

紀元前210年 始皇帝が崩御。
※始皇帝のお墓である秦始皇帝陵及び兵馬俑坑(へいばようこう)は、1974年に発見されました。

始皇帝の子の胡亥(こがい)が2代皇帝になりました。

紀元前209年 陳勝・呉広の乱

秦の国境守備のため目的地に向かっている途中、大雨により目的地へ期日までにたどり着く事が不可能になり、たどり着けなければ斬首のため反乱を起こしました。

陳勝は王となり、国号を張楚と定めました。

 

紀元前209年 項羽と劉邦

陳勝・呉広の乱に呼応し、呉中の項羽と沛の劉邦も挙兵しました。

項梁(項羽のおじ)が郡守の印を奪い、会稽郡守とりました。

劉邦が沛県の県令となりました。

紀元前208年 秦の将軍の章邯により陳勝・呉広の乱は鎮圧されました。

 

紀元前206年 秦の滅亡

紀元前207年、鉅鹿(きょろく)の戦い

楚軍の項羽と秦軍の章邯(しょうかん)の戦い。楚軍が勝利しました。

秦の趙高は、2代皇帝の胡亥を殺害し、子嬰(しえい)を3代皇帝にしました。

秦の滅亡

紀元前206年、劉邦が先に咸陽に入りました。

子嬰は劉邦に降伏しました。秦は滅びました。

劉邦は、秦の複雑な法律を廃止し、殺人、傷害、窃盗のみを処罰とする法三章を出しました。

劉邦は、項羽が咸陽に入る前に、函谷関に兵を置いていました。

項羽は函谷関の兵を撃破し劉邦より遅れて1ヶ月後に咸陽に入りました。

 

紀元前206年 鴻門之会~楚漢戦争始まる

紀元前206年、項羽と劉邦の会見。項羽側の范増はこの機に劉邦を討とうしたが討てませんでした。

項羽
范増・・・劉邦を討とうとする
項荘 項羽のいとこ・・・剣舞で劉邦の命を狙いました。
項伯 項羽のおじ

劉邦
張良・・・軍師
樊噲・・・将軍

劉邦には辺境の地である漢中が与えられ、漢王と呼ばれるようになりました。

左遷は、ここからきています。辺境の地に追いやられること。

楚漢戦争

紀元前206年から紀元前202年の楚の項羽と漢の劉邦との間の戦争のこと。

 

紀元前205年 彭城(ほうじょう)の戦い

項羽が斉の反乱の制圧の途中に、劉邦と韓、魏等の連合軍の約56万が項羽の本拠地の彭城を制圧しました。

項羽は3万の軍勢で彭城へ戻り、約56万の劉邦らの連合軍を破りました。

 

紀元前202年 劉邦が皇帝(高祖)になる

韓信は、劉邦より功績によって斉王に任じられていました。

彭越は、項羽の補給路を断ちゲリラ戦を展開し貢献しました。

英布(黥布)は、当初は項羽の配下でしたが、後に劉邦の配下として参戦しました。

紀元前202年 垓下(がいか)の戦い

劉邦が項羽を破りました。

漢軍は楚軍を包囲し故郷の楚の歌を歌いました。(四面楚歌)

紀元前202年 劉邦が皇帝(高祖)になりました。

漢の三傑

張良(ちょうりょう)、韓信(かんしん)、蕭何(しょうか)。

韓信は元は項羽軍にいましたが、劉邦配下の蕭何の推挙により漢軍の大将軍となりました。

韓信関連のことば

国士無双

韓信は、国士無双(こくしむそう)と呼ばれます。他に比類ない人物という意味です。

韓信の股くぐり

韓信は大志をもっていたので、若い頃に町で言いがかりをつけられも争わずその股をくぐりました。

背水の陣

韓信が趙の国と戦った時、川を背にして逃げ道がない陣にし勝利しました。

後には引けないたとえになっています。

△上に戻る