日本史の流れの概要(豊臣秀吉の時代)

日本史の流れの概要、豊臣秀吉の時代です。

豊臣秀吉 秀吉の戦い
  実施した政策・その他

秀吉の戦い

1582年
(天正10年)
(備中高松城)の戦い(岡山県)
このとき本能寺の変で織田信長は(明智光秀)に討たれました。
羽柴秀吉は、(明智光秀)と戦うため毛利と和睦し京に向かって約230kmを約10日あまりで移動しました。(中国大返し)と呼ばれます。

確認

   
1582年
(天正10年)
(山崎)の戦い
中国から引き返した羽柴秀吉が(明智光秀)を倒しました。
天王山(てんのうざん)が舞台になりました。天王山という言葉は重要な試合などの意味で今でも使われます。

確認

   
1583年
(天正11年)
(賤ヶ岳の戦い(しずがたけのたたかい))
羽柴秀吉が(柴田勝家)を倒しました。
1582年清州会議では羽柴秀吉は信忠の子である(三法師)を推し、柴田勝家は信長の三男の(織田信孝)を推していて対立していました。

確認

   
1584年
(天正12年)
(小牧・長久手)の戦い
羽柴秀吉と(織田信雄)・徳川家康の戦いです。
講和しました。
(織田信雄)は、織田信長の次男です。

確認

   
1585年
(天正13年)
四国平定 (長宗我部元親)が降伏。

確認

1586年
(天正14年)
朝廷より豊臣姓を賜りました。
(関白)に就任しました。
惣無事令を発令しました。私戦いを禁じました。

確認

1587年
(天正15年)
九州平定 (島津義久)が降伏。

確認

1590年
(天正18年)
小田原平定 (北条氏政)らを倒しました。(神奈川県)
奥州の(伊達政宗)も小田原攻めに加わり天下統一となりました。
小田原評定(おだわらひょうてい)という言葉は、会議が長引くが結論がでないという意味で今も使われています。

確認

 
1592~1593年
(天正20年~
文禄2年)
(文禄)の役
豊臣秀吉は、明の征服を目指し朝鮮に出兵しましたが苦戦し停戦しました。
肥前の(名護屋)を本陣にしました。(佐賀県)

確認

   
1597~1598年
(慶長2年~
慶長3年)
(慶長)の役
秀吉の死後に撤退しました。

確認

実施した政策・その他

(刀狩) 兵農分離を目指しました。

確認

(聚楽第) (じゅらくてい)豊臣秀吉が建てた邸宅です。  
 

『聚楽第図屏風』部分(三井記念美術館所蔵)/Wikipediaより引用

 
五大老 (徳川家康)、前田利家、毛利輝元、上杉景勝、宇喜多秀家

確認

五奉行 (石田三成)、浅野長政、前田玄以、増田長盛、長束正家  
天正大判 貨幣です。  
(太閤検地) 土地の生産力を調査しました。
貫高制をやめて石高制にしました。天正の石直しと呼ばれます。
京枡を使用しました。
 
(一地一作人)の原則 荘園制の体制は終了しました。  
(バテレン)追放令 キリシタンの禁止等ですが徹底はされませんでした。  

関連の記事

日本史の流れの概要(織田信長の時代)

△上に戻る