JSONのデータ型とは+JSON整形ツール

JSONのデータ型とJSONを整形するWebツールです。

目次

サンプル JSONとは
文字列 / null / 数値 / 真偽値 / 配列 / オブジェクト
文字列のエスケープ
JSONを整形するツール

JSONとは

  • データのやり取りで使用されます。どのプログラミング言語でも使用できます。
  • 波括弧で開始と終了を表します。
  • キーと値(value)からなります。キーと値が複数ある場合は、カンマで区切ります。
  • キーは必ずダブルコーテーションでくくります。
  • 値はデータ型が各種あります。文字列型の場合は文字列をダブルコーテーションで括ります。
  • 以下は、WikipediaのJSONのリンクです。
    https://ja.wikipedia.org/wiki/JavaScript_Object_Notation

文字列

{
    "color1": "赤",
    "color2": "黄"
}

値はダブルコーテーションで括ります。

null

{
    "color1": null
}

nullは値がないことを意味します。

数値

{
    "num1": 100,
    "num2": 2.5
}

数値は小数点も可能です。ダブルコーテーションはつけません。

真偽値

{
    "test1": true,
    "test2": false
}

trueとfalseを使用できます。

配列

{
    "color1": [
        "赤",
        "黄",
        "青"
    ]
}

配列は角括弧(かくかっこ)を使用します。

 

[
    "赤",
    "黄",
    "青"
]

角括弧(かくかっこ)のみでもJSONの配列になります。

 

{
    "color1": [
        {
            "1": "red",
            "赤": "あか"
        },
        {
            "2": "blue",
            "青": "あお"
        }
    ]
}

上記は、配列の値がオブジェクトです。

オブジェクト

{
    "headers": {
        "Accept": "application/json, text/javascript, */*; q=0.01",
        "Accept-Encoding": "gzip, deflate",
        "Accept-Language": "ja,en-US;q=0.8,en;q=0.6"
    }
}

オブジェクトは波括弧(なみかっこ)を使用します。

 

{
    "api": {
        "color": [
            "red",
            "yellow",
            "blue"
        ]
    }
}

上記は、オブジェクトの中に配列がある場合です。

文字列のエスケープ

{
    "1": "\"ダブルコーテーションをエスケープ",
    "2": "\\バックスラッシュ(円マーク)をエスケープ",
    "3": "\r\n改行をエスケープ",
    "4": "\tタブをエスケープ",
    "5": "/スラッシュをエスケープ"
}

エスケープする文字の前にバックスラッシュ(円マーク、0x5c)を付けます。
スラッシュにはバックスラッシュは不要です。

JSONを整形するツール

 

使い方

入力欄にJSON文字列をセットし、「整形する」ボタンを押すと、JSON文字列を整形します。
インデントは、半角空白の4文字です。
JSON文字列が正しいことを確認できます。

JSON文字列に誤りがある場合

例:以下のJSON文字列は「赤」の文字の前にダブルコーテーションがありません。

{"color1":赤","color2":"黄"}

その場合、以下のメッセージが表示されます。
「誤りがあります (Unexpected token 赤 in JSON at position 10)」
これは、「赤」の文字の周辺または、10文字目あたりに誤りがあることを示しています。

関連の記事

バイト変換するWebツール(B,KB,MB,GB,TB)
10進数と2,8,16進数の一覧(±20)と変換ツール

△上に戻る