日本史の流れの概要(ペリー来航~王政復古の大号令)

日本史の流れの概要です。
このページは、ペリー来航から王政復古の大号令までです。

目次

ペリー来航と日米和親条約

(嘉永7年(1854年)横浜への黒船来航/Wikipediaより引用)

1853年、ペリーの黒船が、浦賀(神奈川県横須賀市)に来て幕府に開国を迫りました。
黒船の半分が蒸気機関を用いた船でした。船を見た日本人はその工業力に驚きました。
ペリーはアメリカ東インド艦隊司令長官です。

1854年 日米和親条約を結びました。その結果、

  • 神奈川県の下田と北海道の箱館(函館)を開港しました。
  • 鎖国が終わりました。
  • 下田にアメリカの総領事館が置かれ、総領事にハリスが着任しました。
  • ハリスは、幕府に対して通商条約を結ぶように要求しました。

マシュー・ペリー/Wikipediaより引用

安政の改革

この頃、老中の阿部正弘が主導になって改革を行いました。安政の改革です。
幕府の将軍は、第13代 徳川家定です。ドラマ篤姫の夫です。

改革の内容は、

  • 徳川斉昭の謹慎を解除し海防参与に任命しました。徳川斉昭は15代将軍徳川慶喜の実父です。
  • 海防掛として勝海舟らを採用しました。
  • 浦賀沖や品川沖に台場という人工島を作って大砲を設置しました。品川沖の台場は、現在のお台場です。
  • 講武所を作りました。幕臣が子弟たちに剣術や砲術などを教えました。
  • 長崎海軍伝習所を作りました。オランダの軍人が教師です。生徒に勝海舟や榎本武揚らがいました。
  • 蕃書調所(ばんしょしらべしょ)を作りました。西洋の学問を学ぶところです。後の東京大学の元の1つになりました。

「阿部正弘公肖像画」の白黒写真/Wikipediaより引用

長崎海軍伝習所絵図/Wikipediaより引用

このとき議論された主な思想

尊王派・・・天皇中心に政治を行うべき 

佐幕派・・・幕府中心に政治を行うべき

攘夷派・・・外国を排除すべき

開明派・・・西洋の技術文化を取り入れて国力を高めるべき

尊皇攘夷派・・・尊王+攘夷

公武合体派・・・朝廷と幕府で協力していくべき

日米修好通商条約

1858年、大老井伊直弼(いい なおすけ)は、日米修好通商条約を結びました。
日本にとって不平等な条約でした。
かつ孝明天皇の勅許を得ていない状態でした。

条約の内容は、

  • 神奈川(横浜)、新潟、長崎、兵庫(神戸)を開港しました。
  • 日本に関税自主権がありませんでした。
  • 領事裁判権を認めました。アメリカ人が日本で犯罪したら、アメリカの領事がアメリカ人の裁判を行います。
  • 片務的最恵国待遇を保証しました。日本がアメリカ以外の国と条約を結びその条件が外国側に良い条件であればアメリカにも適用されます。逆にアメリカが日本以外の国と条約を結んでも日本には関係ありませんでした。

さらに同じ内容の条約をイギリス、フランス、オランダ、ロシアとも結びました。
(安政五カ国条約)

井伊直弼画像/Wikipediaより引用

安政の大獄

井伊直弼は、13代将軍徳川家定の後継者を一橋慶喜ではなく、紀州藩の徳川慶福(徳川家茂)に決めました。

1858-1859年、井伊直弼は、日米修好通商条約の締結と将軍の後継者について反対や批判する尊王攘夷派や一橋派を弾圧しました。安政の大獄です。

桜田門外の変

1860年、井伊直弼は江戸城の桜田門近くで尊王攘夷派の浪士達によって暗殺されました。
桜田門外の変です。
幕政の権威は失墜しました。

和宮降嫁(かずのみやこうか)

1861-1862年、老中の安藤信正は、孝明天皇の妹の和宮と14代将軍の徳川家茂の結婚に尽力しました。公武合体です。
→1862年、尊王攘夷派の怒りをかって襲われ、老中を辞めました。坂下門外の変です。

薩摩藩

1862年、薩摩藩の島津久光が、安政の大獄で処分されていた一橋慶喜を将軍後見職に、松平春嶽を政事総裁職にして幕政に復帰させました。また京都守護職を新設し、会津藩主松平容保を任命しました。文久の改革です。

島津久光は、江戸から帰国しようとしたときに行列の中に入ったきたイギリス人を殺してしまいました。
生麦事件(なまむぎじけん)です。生麦は横浜にある地名です。

その結果、1863年にイギリスと戦争になりました。薩英戦争です。
→ 外国の実力を知り、攘夷一辺倒ではなくなっていきました。

島津久光像/Wikipediaより引用

長州藩

下関事件 1863年、関門海峡を通過しようとした外国船を砲撃する。
八月十八日の政変 1863年、過激な攘夷派が京都から追放される。
池田屋事件 1864年、新選組によって尊王攘夷派が襲撃される。
蛤御門の変(禁門の変) 1864年、池田屋事件を受けて京都で会津藩、桑名藩、薩摩藩と戦闘するが破れて撤退。
下関四国艦隊下関砲撃事件 1864年、下関事件の報復で、イギリス、フランス、オランダ、アメリカに攻められる。 → → 外国の実力を知り、攘夷一辺倒ではなくなっていきました。
第一次長州征討 1864年、蛤御門の変を罰するため幕府軍が長州藩を攻めにいきました。長州藩は降伏し戦闘は行われませんでした。
薩長同盟 1866年、薩摩と長州は敵対的な関係でしたが坂本龍馬らの仲介により同盟しました。
第二次長州征討 1866年、幕府軍が長州藩を攻めにいきましたが長州藩に破れました。長州藩は外国の新型武器を揃えていました。

坂本龍馬/Wikipediaより引用

大政奉還と王政復古の大号令

四侯会議(しこうかいぎ)・・・1867年5月、今後の政治について話し合いが行われました。参加者は、徳川慶喜、島津久光、伊達宗城、松平春嶽、山内容堂です。

大政奉還・・・1867年10月、15代将軍徳川慶喜は、朝廷に政権返上を申し出て朝廷がこれを許可しました。倒幕の根拠をなくす狙いがありました。

王政復古の大号令・・・1868年1月、薩摩藩、長州藩や公家の岩倉具視などが中心になって、幕府を廃止して新しい政治を行っていくことを宣言しました。岩倉具視は500円札の肖像画になっています。

五百円紙幣 岩倉具視/Wikipediaより引用

小御所会議・・・王政復古が出された夜に行われました。明治天皇も出席する御前会議です。論争の結果、徳川慶喜の内大臣辞退と領地返上が決定しました。戊辰戦争につながっていきます。

関連の記事

日本史の流れの概要(戊辰戦争~大日本帝国憲法の制定)

△上に戻る