JavaScript エスケープシーケンスのサンプル

JavaScriptのエスケープシーケンスのサンプルです。

目次

エスケープシーケンス

  • エスケープシーケンスは、特殊な意味を持つ文字を表すために使用します。
  • 文字の先頭に¥円記号(バックスラッシュ)を付けます。
  • 以下の場合は、エスケープシーケンスは不要です。
    →文字列をダブルコーテーションで括った場合のシングルコーテーションの入力
    →文字列をシングルコーテーションで括った場合のダブルコーテーションの入力

エスケープシーケンスの一覧

エスケープシーケンスの一覧です。

文字 説明
\'  シングルコーテーション
\" ダブルコーテーション 
\t タブ
\v 垂直タブ
円記号(バックスラッシュ)
\0 ヌル文字
\n 改行 (LF)
\r 復帰 (CR)
\b バックスペース
\f 改ページ
\XXX XXXは、3桁の8進数です。
Latin-1 エンコーディングの文字です。
¥101は、Aです。
\xXX XXは、2桁の16進数です。
Latin-1 エンコーディングの文字です。
¥x41は、Aです。
\uXXXX xxxxは、4桁の16進数です。
UTF-16の文字が表示されます。
¥u0041は、Aです。
サロゲートペアの文字では2つになります。
サロゲートペアの文字の「𠮷」は、\ud842\udfb7です。
\u{XXXXX} Unicodeコードポイントのエスケープです。
\u{0041}は、Aです。
サロゲートペアの文字の「𠮷」は、\u{20bb7}です。

コード

エスケープシーケンスのサンプルです。

<script>

console.log('あいう\'えお'); // あいう'えお

console.log("あいう\"えお"); // あいう"えお


console.log("あいう'えお"); // あいう'えお

console.log('あいう"えお'); // あいう"えお

</script>

3行目は、シングルコーテーションをエスケープしています。
5行目は、ダブルコーテーションをエスケープしています。
8,10行目はエスケープシーケンスを使用しない例です。
ダブルコーテーションで括った中にシングルコーテーションまたは
シングルコーテーションで括ったダブルコーテーションはエスケープ不要です。

以下はMDNの文法とデータ型のリンクです。
https://developer.mozilla.org/ja/docs/Web/JavaScript/Guide/Grammar_and_Types

関連の記事

JavaScript 変数の宣言のvar/let/constの違い
JavaScript データ型
2進数、8進数、10進数、16進数に変換するWebツール

△上に戻る