JavaScript エスケープシーケンスのサンプル

JavaScriptのエスケープシーケンスのサンプルです。

目次

エスケープシーケンス

  • エスケープシーケンスは、指定した文字に特殊な意味を持たせます。
  • 特殊な意味を持たせたい文字の前に円記号(バックスラッシュ)を付けます。
  • バックスラッシュ(円記号)の文字コードは、shift-jisでは0x5C、UnicodeではU+005Cです。
  • 以下の場合は、エスケープシーケンスは不要です。
    →文字列をダブルコーテーションで括った場合で、シングルコーテーションを入力する
    →文字列をシングルコーテーションで括った場合で、ダブルコーテーションを入力する

エスケープシーケンスの一覧

エスケープシーケンスの一覧です。

文字 説明
\'  シングルコーテーション
\" ダブルコーテーション 
\t タブ
\v 垂直タブ
円記号(バックスラッシュ)
\0 ヌル文字
\n 改行 (LF)
\r 復帰 (CR)
\b バックスペース
\f 改ページ
\XXX ASCII文字を表示
XXXは3桁の8進数です。\101はAと表示されます。
\xXX ASCII文字を表示
XXは2桁の16進数です。\x41はAと表示されます。
\uXXXX Unicode文字を表示
xxxxは4桁の16進数です。\u0041はAと表示されます。
サロゲートペアの文字では2つになります。
サロゲートペアの文字の「𠮷」は、\ud842\udfb7です。
\u{XXXXX} Unicodeコードポイントのエスケープです。
\u{0041}はAと表示されます。
サロゲートペアの文字の「𠮷」は、\u{20bb7}です。

コード

エスケープシーケンスのサンプルです。

<script>

console.log('あいう\'えお'); // あいう'えお

console.log("あいう\"えお"); // あいう"えお


console.log("あいう'えお"); // あいう'えお

console.log('あいう"えお'); // あいう"えお

</script>

3行目はシングルコーテーションを、5行目はダブルコーテーションをエスケープしています。
文字列の開始と終了の機能ではなく、文字として表示しています。
8,10行目はエスケープシーケンスを使用しない例です。
8行目は、ダブルコーテーションで括った中にシングルコーテーションがあります。
10行目は、シングルコーテーションで括った中にダブルコーテーションがあります。

以下はMDNの文法とデータ型のリンクです。
https://developer.mozilla.org/ja/docs/Web/JavaScript/Guide/Grammar_and_Types

改行を含む文字列を扱う(バックコーテション)

改行を含む文字列を扱うサンプルです。

<script>

console.log(`あ
い
う
`);

</script>

3,6行目は、バックコーテションで文字列を括っています。
実行すると以下のように文字列が改行されて表示されます。



バックコーテションは、shiftを押しながら@を押すと入力できます。
ES2015で可能になりました。ただし、IE11には対応していません。

以下は、MDNの複数行文字列のリンクです。
https://developer.mozilla.org/ja/docs/Web/JavaScript/Reference/template_strings#%E8%A4%87%E6%95%B0%E8%A1%8C%E6%96%87%E5%AD%97%E5%88%97

関連の記事

JavaScript 変数の宣言のvar/let/constの違い
JavaScript データ型
2進数、8進数、10進数、16進数に変換するWebツール

△上に戻る