JavaScript データ型

JavaScriptのデータ型についてです。

目次

データ型

 

基本型

  • 基本型の変数には、値が格納されます。
  • 基本型は、プリミティブ型、原始型とも呼ばれます。
基本型
データ型 説明
数値型(Number型) 数値です。
正の数、負の数、小数が可能です。
文字列型(String型) 文字列です。
ダブルコーテーション(")またはシングルコーテーション(')で囲みます。
ECMAScript 2015で文字列をバックコーテションでも囲めるようになりました。改行を含んだ文字列に使用します。(※1)
論理型(Boolean型) trueまたはfalseです。
trueは1で、falseは0です。
Null型 中身が空の状態です。
Undefined型 中身がわからない未定義の状態です。
変数宣言だけした状態(var a;)は、Undefinedです。
Symbol型 ECMAScript2015の新しいデータ型です。
ユニークかつ不変を表します。

※1 文字列にバックコーテションを使用した例

3,4行目は、改行がある文字列をバックコーテションで囲んでいます。エラーになりません。
6,7行目も改行がある文字列ですが、ダブルコーテションで囲んでいるためエラーになります。

<script>

var test = `こんにちは
はじめまして`;

//var test = "こんにちは
//はじめまして"; //Uncaught SyntaxError: Invalid or unexpected token

alert(test);

</script>

 

参照型

  • 参照型の変数には、オブジェクトへの参照(参照先のアドレス)が格納されます。
  • 値は指定されたアドレスにあります。
参照型
データ型 説明
オブジェクト(Object) 配列、関数、オブジェクト

 

データ型を調べる(typeof演算子)

typeof operand

コード

3,5,7行目は、それぞれ数値型,文字列型,boolean型を返しています。
9行目は初期化していません。11行目は、未定義のundefinedが表示されます。
13行目はnullを代入しています。15行目は、objectと表示されます。
17行目は、配列です。19行目ではobjectと表示されます。
22-24行目は、関数です。26行目は関数を変数に代入しています。28行目ではfunctionと表示されます。

<script>

console.log(typeof 100); //number

console.log(typeof "100"); //string

console.log(typeof true); //boolean

var a;

console.log(typeof a); //undefined

var b = null;

console.log(typeof b); //object

var c = ["赤","黄","青"];

console.log(typeof c); //object


function test1() {
	console.log("test");
}

var s1 = test1;

console.log(typeof s1); //function

</script>

 

関連の記事

JavaScript 変数の宣言のvar/let/constの違い
JavaScript if文のサンプル
JavaScript if文で配列を比較するサンプル
JavaScript 文字列と数値の変換(parseInt/Number/String/+演算子)

△上に戻る