JavaScript データ型

JavaScriptのデータ型です。

目次

データ型

JavaScriptの変数に格納するデータ型は、基本型と参照型があります。
データ型はデータの種類を表します。

 

基本型

JavaScriptのデータ型の基本型です。プリミティブ型、原始型とも呼ばれます。

基本型
データ型 説明
数値型(Number型) 数値です
正の数、負の数、小数が可能です
文字列型(String型) 文字列です※1
論理型(Boolean型) true or false
trueは1で、falseは0です
Null型 無効な参照です
Undefined型 未定義です
Symbol型 ECMAScript2015の新しいデータ型です
ユニークかつ不変を表します

基本型の変数には、値が格納されます。

 

※1 ECMAScript 2015から文字列をバックコーテションで囲めるようになりました。改行を含んだ文字列を書くことができます。

以下の3,4行目は、文字列をダブルコーテションで囲んでいますが、改行があるのでエラーになります。
6,7行目は、文字列をバックコーテションで囲んでいるのでエラーになりません。

<script>

//var test = "こんにちは
//はじめまして"; //Uncaught SyntaxError: Invalid or unexpected token

var test = `こんにちは
はじめまして`;

alert(test);

</script>

 

参照型

JavaScriptのデータ型の参照型です。

参照型
データ型 説明
オブジェクト(Object) 配列、関数、オブジェクト

参照型の変数には、オブジェクトへの参照(参照先のアドレス)が格納されます。値は指定されたアドレスにあります。

 

リンク

関連の記事

JavaScript 変数と定数のサンプル(ECMAScript 2015)
JavaScript if文のサンプル
JavaScript if文で配列を比較するサンプル
JavaScript 文字列と数値の変換のサンプル

 はまったらエンジニア特化型Q&Aサイト
【teratail(テラテイル)】で質問しましょう!


△上に戻る