JavaScript 文字列型を数値型に変換するサンプル

JavaScriptの文字列型を数値型に変換するサンプルです。

目次

parseInt関数

parseInt(string, radix);
  • 文字列を数値にして返します。
  • 1つめの引数は数値に変換したい文字列を指定します。
  • 2つめの引数は、基数を指定します。10を指定すると10進数、16を指定すると16進数での変換になります。意図しない動作を防ぐため指定した方がいいです。
  • 以下は、MDNのparseIntのリンクです。
    https://developer.mozilla.org/ja/docs/Web/JavaScript/Reference/Global_Objects/parseInt

 

文字列を数値に変換する

文字列を数値に変換するサンプルです。
5行目は、3行目の文字列を10進数で数値に変換しています。
7行目は、8進数で数値に変換しています。
9行目は、16進数で数値に変換しています。

<script>

	var a = "0100";

	console.log(parseInt(a,10)); //100

	console.log(parseInt(a,8)); //64

	console.log(parseInt(a,16)); //256

</script>

 

文字列に数値と文字が入っていた場合

変換前の文字列に数値と文字が入っていた場合のサンプルです。
5行目は、文字列の前までを数値として変換します。
エラーにならないので注意が必要です。

<script>

	var a = "010あ";

	console.log(parseInt(a,10)); //10

</script>

 

文字列がすべて文字の場合

文字列がすべて文字の場合のサンプルです。
5行目は、NaNになります。NaNとは非数値です。(Not a Number)

<script>

	var a = "あいう";

	console.log(parseInt(a,10)); //NaN

</script>

 

数値を文字列に変換する

数値を文字列に変換する場合のサンプルです。
3行目のように+演算子を使用すると文字列型になります。
typeof演算子は、データ型を示す文字列を返します。
5行目のtypeof演算子は、文字列型のstringを返します。
7行目は、数値型のサンプルです。
9行目のtypeof演算子は、数値型のnumberを返します。

<script>

	var a = 100 + "";

	console.log(typeof(a)); //string

	var b = 100;

	console.log(typeof(b)); //number

</script>

 

typeof演算子

typeof operand

関連の記事

JavaScript if文のサンプル
JavaScript if文 == と === の違いのサンプル
JavaScript for文とbreakとcontinueのサンプル
JavaScript switch文のサンプル
JavaScript while文とdo...while文のサンプル
JavaScriptのデータ型



△上に戻る