JavaScript 四捨五入のサンプル(round)

JavaScriptのroundメソッドで、四捨五入を行うサンプルです。

目次

説明 四捨五入する(roundメソッド)
サンプル 小数第一位で四捨五入する
  小数第二位または少数第三位で四捨五入する
  1の位または10の位で四捨五入する

四捨五入する(roundメソッド)

Math.round ( 数値 )
  • roundメソッドは、引数の数値の小数第一位を四捨五入します。
  • 少数第一位以外を対象とする場合は、値を10倍にしたり1/10にする等の操作で求めることができます。
  • roundは丸いという意味です。

小数第一位で四捨五入する

<script>
	// 小数第一位で四捨五入
	console.log(Math.round(2.26)); // 2
	
	// 小数第一位で四捨五入
	console.log(Math.round(2.82)); // 3
	
	// マイナス値の場合
	console.log(Math.round(-2.82)); // -3
</script>

roundメソッドで小数第一位を四捨五入しています。
9行目は、マイナスの値の場合です。

小数第二位または小数第三位で四捨五入する

<script>
const num = 12.262;
  
// 小数第二位で四捨五入
console.log((Math.round(num * 10)) / 10); // 12.3
  
// 小数第三位で四捨五入
console.log((Math.round(num * 100)) / 100); // 12.26

</script>

5行目は、小数第二位で四捨五入しています。以下の操作です。
1.対象の値に10を掛けます。(12.262 * 10 = 122.62)
2.roundメソッドを使用して小数第一位で四捨五入してます。(122.62 → 123)
3.対象の値を再度10で割ります。(123 / 10 = 12.3)

1の位または10の位で四捨五入する

<script>
const num = 182.2;
  
// 1の位で四捨五入
console.log((Math.round(num/10)) * 10); // 180
  
// 10の位で四捨五入
console.log((Math.round(num/100)) * 100); // 200

</script>

5行目は、1の位で四捨五入しています。以下の操作です。
1.対象の値を10で割ります。(182.2 / 10 = 18.22)
2.roundメソッドを使用して小数第一位で四捨五入します。(18.22 → 18)
3.対象の値を再度10で掛けます。(18 * 10 = 180)

以下はMDNのroundメソッドのリンクです。
https://developer.mozilla.org/ja/docs/Web/JavaScript/Reference/Global_Objects/Math/round

関連の記事

JavaScript 切り上げのサンプル(ceil)
JavaScript 切り捨てのサンプル(floor)

△上に戻る