JavaScript ランダムな数値を取得する(random)

JavaScriptのランダムな数値を取得するサンプルです。
randomメソッドを使用します。

randomメソッド

Math.random ()

コード

randomメソッドのサンプルです。

<script>
const r1 = Math.random();

console.log(r1); // 0~1未満の乱数

// 0〜1の乱数を発生させる 
console.log(Math.floor(r1*2 )); // 0か1

// 1〜2の乱数を発生させる 
console.log(Math.floor(r1*2+1)); // 1か2

// 5〜6の乱数を発生させる 
console.log(Math.floor(r1*2+5)); // 5か6
</script>

2行目でrandomメソッドを使用しています。
7行目は、0か1の値が返ります。
10行目は、1か2の値が返ります。
13行目は、5か6の値が返ります。

関連の記事

JavaScript 切り上げのサンプル(ceil)
JavaScript 切り捨てのサンプル(floor)
JavaScript 四捨五入のサンプル(round)
JavaScript べき乗を計算する(pow)

プログラムでつまったらteratailに登録して質問しましょう!↓↓↓

△上に戻る