JavaScript 計算のサンプル

JavaScriptの計算のサンプルです。

目次

数値の演算

数値の演算のサンプルです。

<script>
//足し算
console.log(6 + 3); //9

//引き算
console.log(6 - 3); //3

//掛け算
console.log(6 * 3); //18

//割り算
console.log(6 / 3); //2

//余りを求める
console.log(5 % 3); //2

//べき乗
console.log(2 ** 4); //16

</script>

15行目の%は、割り算の余りを求めます。
18行目は、べき乗です。1 つ目の数値を 2 つ目の数値でべき乗します(2*2*2*2=16)。

 

代入演算子

計算がある代入演算子のサンプルです。
計算した後に変数に代入します。

<script>
let a = 6;
console.log(a += 3); // a = a + 3 と同じ → 9

let b = 6;
console.log(b -= 3); // b = b -3 と同じ → 3

let c = 6;
console.log(c *= 3); // c = c * 3 と同じ → 18

let d = 6;
console.log(d /= 3); // d = d / 3 と同じ → 2

let e = 5;
console.log(e %= 3); // e = e % 3 と同じ → 2

let f = 2;
console.log(f **= 4); // f = f ** 4 と同じ → 16

</script>

以下は、MDNの代入演算子のリンクです。https://developer.mozilla.org/ja/docs/Web/JavaScript/Reference/Operators/Assignment_Operators

 

インクリメント

インクリメントのサンプルです。

<script>

let a = 0;
const b = ++a;
console.log(b); // 1

a = 0;
const c = a++;
console.log(c); // 0
console.log(a); // 1

</script>

4行目は、変数の前に++がついています。値に1を足してから変数に代入します。
8行目は、変数の後ろに++がついています。値を変数に代入してから1を足します。

 

デクリメント

デクリメントのサンプルです。

<script>

let a = 0;
const b = --a;
console.log(b); // -1

a = 0;
const c = a--;
console.log(c); // 0
console.log(a); // -1

</script>

4行目は、変数の前に--がついています。値から1を引いてから変数に代入します。
8行目は、変数の後ろに--がついています。値を変数に代入してから1を引きます。

関連の記事

JavaScript 変数の宣言のvar/let/constの違い
JavaScript データ型
JavaScriptの動かし方とconsole.logの確認方法
JavaScript Chromeブラウザでデバッグする方法

プログラムでつまったらteratailに登録して質問しましょう!↓↓↓

△上に戻る