JavaScript 切り捨てのサンプル(floor)

JavaScriptの切り捨てのサンプルです。
Mathオブジェクトのfloorメソッドを使用します。

目次

floorメソッド

Math . floor ( 数値 )

コード

サンプルコードです。
floorメソッドは、小数点以下を切り捨てます。(小数点以下を全てなくします)

<script>
//小数点以下を切り捨て
document.write(Math.floor(2.26) , '<br />'); // 2

//小数点以下を切り捨て
document.write(Math.floor(2.82) , '<br />'); // 2

//マイナス値の場合
document.write(Math.floor(-2.82) , '<br />'); // -3
</script>

小数第一位以外を切り捨てる場合

小数第一位以外を切り捨てる場合で、一旦整数にして計算するやり方です。
例えば、小数第二位以下を切り捨てる場合、以下の手順で行います。
1.対象の値に10を掛けます。
2.Math.floorメソッドを使用して小数点以下を切り捨てます。
3.対象の値を再度10で割ります。
整数部を切り捨てる場合は、上記手順の掛け算と割り算を逆にします。(下のコードの14行目参照)

<script>
var num = 12.2627;

//小数第二位以下を切り捨て
document.write( Math.floor((num * 10)) / 10, '<br />'); // 12.2

//小数第三位以下を切り捨て
document.write( Math.floor((num * 100)) / 100, '<br />'); // 12.26

//小数第四位以下を切り捨て
document.write(Math.floor((num * 1000)) / 1000 , '<br />'); // 12.262

//1の位を切り捨て
document.write(Math.floor((num/10 )) * 10 , '<br />'); // 10
</script>

関連の記事

JavaScript 切り上げのサンプル(ceil)
JavaScript 四捨五入のサンプル(round)
JavaScript ランダムな数値を取得する(random)
JavaScript べき乗を計算する(pow)



△上に戻る