JavaScript padStart 頭ゼロをつける

JavaScriptのpadStartメソッドで、頭ゼロをつけるサンプルです。

目次

頭ゼロ padStartメソッド
  sliceメソッドで頭ゼロをつける
  padEndメソッド

padStartメソッド

変数 = 文字列.padStart(文字列の長さ[,埋める文字]);

padStartメソッドで、頭ゼロをつけるサンプルです。

<script>

	const str1 = "9"
	console.log(str1.padStart(3, "0")); // 009
	console.log(str1.padStart(5, "0")); // 00009

	const str2 = "90"
	console.log(str2.padStart(3, "0")); // 090
	console.log(str2.padStart(5, "0")); // 00090

</script>

padStartメソッドで1つ目の引数の桁数まで、2つめの引数の文字で埋めます。

sliceメソッドで頭ゼロをつける

sliceメソッドでも頭ゼロの付加は可能です。IEも対応しています。

<script>

	const a = "9";	
	console.log(("000" + a).slice(-3)); // 009
	console.log(("00000" + a).slice(-5)); // 00009

	const b = "90";	
	console.log(("000" + b).slice(-3)); // 090
	console.log(("00000" + b).slice(-5)); // 00090
	 </script>

sliceメソッドは引数がマイナスの場合、後方からの文字数で取得するのでそれを利用します。
4,8行目は、3桁で頭ゼロをつけています。
5,9行目は、5桁で頭ゼロをつけています。

padEndメソッド

変数 = 文字列.padEnd(文字列の長さ[,埋める文字]);

padEndメソッドで、後ろにゼロをつけるサンプルです。

<script>

	const str1 = "9"
	console.log(str1.padEnd(3, "0")); // 900
	console.log(str1.padEnd(5, "0")); // 90000
	
</script>

padEndメソッドで1つ目の引数の桁数まで、2つめの引数の文字で埋めます。

関連の記事

JavaScript 文字列の一部を取得する(substring)
JavaScript slice 文字列の一部を取得(+頭ゼロ付与)
JavaScript 文字列の一部を取得する(substr)

△上に戻る