JavaScript 文字列の長さを取得する(length)

JavaScriptのlengthプロパティで、文字列の長さを取得するサンプルです。

目次

サンプル 文字列の長さを取得する(length)

文字列の長さを取得する(length)

文字列.length
  • 文字列の長さを返します。
  • 日本語の全角文字も1文字としてカウントします。
  • 空文字の場合0を返します。
  • Stringオブジェクトのプロパティです。

文字列の長さを取得するサンプルです。

<script>
	// 日本語全角あり
	const a = "あいう+1";
	console.log(a.length); // 5
	
	// 空文字の場合
	const b = "";
	console.log(b.length); // 0
	
	// 半角空白の場合
	const c = " ";
	console.log(c.length); // 1
	
	// 全角空白の場合
	const d = " ";
	console.log(d.length); // 1
	
	// サロゲートペア文字列の場合
	const e = "𠮷";
	console.log(e.length); // 2
</script>

4行目は、日本語の全角文字が入っています。全角文字を1としてカウントしています。
8行目は、空文字の場合で0を返しています。
12行目は、半角空白の場合で1を返しています。
16行目は、全角空白の場合で1を返しています。
20行目は、サロゲートペア文字です。文字数と異なる結果が返るので注意が必要です。
個別にロジックを作る必要があります。

以下はMDNのlengthプロパティのリンクです。
https://developer.mozilla.org/ja/docs/Web/JavaScript/Reference/Global_Objects/String/length

関連の記事

JavaScript 文字列の一部を取得する(substring)
JavaScript 文字列から1文字を取得する(charAt)
JavaScript 文字コードを取得する(charCodeAt)
JavaScript Unicodeコードポイントを取得(codePointAt)
JavaScript Unicodeから文字を取得(fromCodePoint)

△上に戻る