JavaScript 文字列の長さ/配列と連想配列の要素数を取得する(length)

JavaScriptのlengthプロパティのサンプルです。
文字列の長さまたは配列と連想配列の要素数を取得します。

目次

Stringオブジェクトのlengthプロパティ

文字列 . length

文字列の長さを取得するサンプル

サンプルのコードです。
4行目は、日本語の全角文字が入っています。全角文字を1としてカウントしています。
9行目は、空文字の場合で0を返しています。
14行目は、半角空白の場合で1を返しています。
19行目は、全角空白の場合で1を返しています。

<script>
	// 日本語全角あり
	var str1 = "あいう+1";
	document.write(str1.length,"<br />"); // 5


	// 空文字の場合
	var str2 = "";
	document.write(str2.length,"<br />"); // 0


	// 半角空白の場合
	var str3 = " ";
	document.write(str3.length,"<br />"); // 1


	// 全角空白の場合
	var str4 = " ";
	document.write(str4.length,"<br />"); // 1
</script>

Arrayオブジェクトのlengthプロパティ

配列 . length

配列の要素数を取得するサンプル

配列の要素の数を数えるサンプルです。

<script>

	var ar1 = ["赤"];
	document.write(ar1.length,"<br />"); // 1

	var ar2 = ["赤","黄"];
	document.write(ar2.length,"<br />"); // 2

	var ar3 = ["赤","黄","青"];
	document.write(ar3.length,"<br />"); // 3

</script>

連想配列の要素数を取得するサンプル

連想配列の要素の数を数えるサンプルです。
lengthプロパティとObject.keysメソッドを使用すると連想配列の要素の数を数えることができます。

<script>

	var ar1 = {c1:'赤'};
	document.write(Object.keys(ar1).length,"<br />"); // 1

	var ar2 = {c1:'赤',c2:'黄'};
	document.write(Object.keys(ar2).length,"<br />"); // 2

	var ar3 = {c1:'赤',c2:'黄',c3:'青'};
	document.write(Object.keys(ar3).length,"<br />"); // 3

</script>

以下は、MDNのObject.keysメソッドのリンクです。
https://developer.mozilla.org/ja/docs/Web/JavaScript/Reference/Global_Objects/Object/keys

関連の記事

JavaScript 文字列を区切り文字で分割する(split)
JavaScript 文字列から文字列の一部を取得する(substring)
JavaScript 文字列から文字列の一部を取得する(slice)
JavaScript 文字列から文字列の一部を取得する(substr)
JavaScript 文字列から1文字を取得する(charAt)
JavaScript 文字列の位置を取得するサンプル(indexOfとlastIndexOf)
JavaScript 文字列の大文字と小文字を変換する(toLowerCaseとtoUpperCase)
JavaScript 文字列を置き換える(replace)
JavaScript 正規表現で文字列を検索する(match)



△上に戻る