JavaScript 文字列の大文字と小文字を変換する(toLowerCaseとtoUpperCase)

JavaScriptの文字列の大文字と小文字を変換するサンプルです。
toLowerCaseメソッドとtoUpperCaseメソッドを使用します。

目次

toLowerCaseメソッド

文字列.toLowerCase()

コード

toLowerCaseメソッドのサンプルです。

<script>

const str1 = "ABCabcあいう";

console.log(str1.toLowerCase()); // abcabcあいう

</script>

3行目は、英字の大文字と小文字と全角文字があります。
5行目は、英字の大文字が小文字になります。

toUpperCaseメソッド

文字列.toUpperCase()

コード

toUpperCaseメソッドのサンプルです。

<script>

const str1 = "ABCabcあいう";

console.log(str1.toUpperCase()); // ABCABCあいう

</script>

3行目は、英字の大文字と小文字と全角文字があります。
5行目は、英字の小文字が大文字になります。

関連の記事

JavaScript 文字列を分割して配列にするサンプル(split)
JavaScript 文字列の一部を取得する(substring)
JavaScript 文字列の一部を取得する(slice)
JavaScript 文字列の一部を取得する(substr)
JavaScript 文字列から1文字を取得する(charAt)
JavaScript 文字列の長さを取得する(length)
JavaScript 文字列の位置を取得する(indexOf/lastIndexOf)
JavaScript 文字列を置き換える(replace)
JavaScript 正規表現で文字列を検索し値を返す(match)

△上に戻る