JavaScript Unicodeの文字コードから文字を取得(fromCodePoint/fromCharCode)

JavaScriptのUnicodeの文字コード(Unicodeコードポイント)から文字を取得するサンプルです。
fromCodePointメソッド/fromCharCodeメソッドを使用します。

目次

fromCodePointメソッド

String.fromCodePoint(Unicodeの数値[, ...[, Unicodeの数値]])

コード

fromCodePointメソッドのサンプルです。

<script>

console.log(String.fromCodePoint(65,66));// AB

console.log(String.fromCodePoint(12354,12356));// あい

//サロゲートペア文字列
console.log(String.fromCodePoint(134071));// 𠮷

</script>

3行目は、65が「A」で66が「B」になります。
5行目は、12354が「あ」で12356が「い」になります。
8行目は、サロゲートペア文字の「つちよし」ですが正常に文字が表示されています。

 

fromCharCodeメソッド

String.fromCharCode(Unicodeの数値[, ...[, Unicodeの数値]])

コード

fromCharCodeメソッドのサンプルです。

<script>

console.log(String.fromCharCode(65,66));// AB

console.log(String.fromCharCode(12354,12356));// あい

//サロゲートペア文字列
console.log(String.fromCharCode(134071));// 文字化け

</script>

3行目は、65が「A」で66が「B」になります。
5行目は、12354が「あ」で12356が「い」になります。
8行目は、サロゲートペア文字の「つちよし」ですが対応していないので文字化けで表示されます。

関連の記事

JavaScript 文字列から1文字を取得する(charAt)
JavaScript 文字コードを取得する(charCodeAt)
JavaScript Unicodeコードポイントを取得する(codePointAt)
UnicodeとUTF-16とUTF-8の違い(秀丸で文字コードを確認)

△上に戻る