JavaScript Unicodeから文字を取得(fromCodePoint)

JavaScriptのfromCodePointメソッドで、Unicodeの文字コードから文字を取得するサンプルです。

目次

サンプル Unicodeコードポイントから文字を取得する(fromCodePoint)
  Unicodeコードポイントから文字を取得する(fromCharCode)

Unicodeコードポイントから文字を取得する(fromCodePoint)

String.fromCodePoint(Unicodeの数値[, ...[, Unicodeの数値]])
  • Unicodeの文字コード(Unicodeコードポイント)から文字を生成します。
  • サロゲートペア文字列に対応しています。

Unicodeコードポイントから文字を取得するサンプルです。

<script>

	console.log(String.fromCodePoint(65,66));// AB
	
	console.log(String.fromCodePoint(12354,12356));// あい
	
	//サロゲートペア文字列
	console.log(String.fromCodePoint(134071));// 𠮷

	const a = (134071).toString(16);
	console.log(a); // 20bb7
</script>

3行目は、65が「A」で66が「B」になります。
5行目は、12354が「あ」で12356が「い」になります。
8行目は、サロゲートペア文字の「つちよし」ですが正常に文字が表示されています。
10行目は、16進数にしています。

文字コードは秀丸やサクラエディタで確認できます。

秀丸で見た場合
秀丸 文字コードを確認する方法

サクラエディタで見た場合

Unicodeコードポイントから文字を取得する(fromCharCode)

String.fromCharCode(Unicodeの数値[, ...[, Unicodeの数値]])
  • Unicodeの文字コード(Unicodeコードポイント)から文字を生成します。
  • サロゲートペア文字列に対応していません

fromCharCodeメソッドでUnicodeコードポイントから文字を取得するサンプルです。

<script>

	console.log(String.fromCharCode(65,66));// AB
	
	console.log(String.fromCharCode(12354,12356));// あい
	
	//サロゲートペア文字列
	console.log(String.fromCharCode(134071));// 文字化け
	
</script>

3行目は、65が「A」で66が「B」になります。
5行目は、12354が「あ」で12356が「い」になります。
8行目は、サロゲートペア文字の「つちよし」ですが対応していないので文字化けで表示されます。

以下はMDNのfromCodePointメソッドのリンクです。
https://developer.mozilla.org/ja/docs/Web/JavaScript/Reference/Global_Objects/String/fromCodePoint

関連の記事

JavaScript 文字列から1文字を取得する(charAt)
JavaScript 文字コードを取得する(charCodeAt)
JavaScript Unicodeコードポイントを取得(codePointAt)
UnicodeとUTF-16とUTF-8の違い(秀丸で文字コードを確認)

△上に戻る