CSS overflow 表示域を超える場合の表示方法

CSSのoverflowプロパティで、表示領域を超える場合の表示方法のサンプルです。

目次

仕様 overflowプロパティの仕様
サンプル overflowのサンプル

overflowプロパティの仕様

overflow : 値

overflowプロパティは、表示領域を超える場合の表示方法を指定します。

説明
visible 表示領域を超えた分は、はみ出して表示します。 (初期値)
hidden 表示領域を超えた分は、表示しません。
scroll 表示領域を超えた分は、スクロールで表示します。
auto ブラウザによって変わります。スクロールが一般的です。
値を継承する

overflowのサンプル

overflowのサンプルです。

<style>
#p1{overflow:visible;} /* 表示領域を超えた分は、はみ出して表示 */
#p2{overflow:hidden;} /* 表示領域を超えた分は、表示しません */
#p3{overflow:scroll;} /* 表示領域を超えた分は、スクロールで表示 */
#p4{overflow:auto;} /* ブラウザによって変わります */
#p5{overflow:visible;} /* visibleですが日本語は、改行されます */
p{border:1px solid #000;width:150px;height:50px;
margin-bottom:10px;text-indent:10px;background:LightCyan;}
</style>
<p id="p1">hyoujiryouikiwokoerubaai(overflow)</p>
<p id="p2">hyoujiryouikiwokoerubaai(overflow)</p>
<p id="p3">hyoujiryouikiwokoerubaai(overflow)</p>
<p id="p4">hyoujiryouikiwokoerubaai(overflow)</p>
<p id="p5">表示領域を超える場合の表示方法</p>

1行目は、visibleです。表示領域を超えた分は、はみ出して表示します。
2行目は、hiddenです。表示領域を超えた分は、表示しません。
3行目は、scrollです。表示領域を超えた分は、スクロールで表示します。
4行目は、autoです。ブラウザによって変わります。
5行目は、文字が日本語の場合です。visibleですが改行されます。

以下は、実行結果です。

関連の記事

CSS overflow-wrap 単語が表示域を超える時の改行
CSS word-break 単語の改行方法を指定

△上に戻る