CSS font-family フォントを指定するサンプル

font-familyは、フォントを指定します。

目次 font-familyとは
文字のフォントを指定する

font-familyとは

書き方 font-family : 値1(フォントファミリー名) , 値2(総称フォントファミリー名)
仕様 例:font-family: "メイリオ",Meiryo,"MS PGothic",Arial,sans-serif;

複数のフォントをカンマ区切りで指定できます。
ブラウザは、左に書かれたフォントから見ていき、ユーザーの環境に指定のフォントがあればそれが使用されます。
・指定のフォントが自分の環境(例:Mac)になければ表示できません。
・環境によって入っているフォントの種類は違います。
・英語フォントがある場合は先に書き、次に日本語フォントを書きます。
・英語の箇所は英語フォントで表示され、日本語の箇所は日本語フォントで表示されます。
・フォントの名称にスペースがある場合はダブルコーテーションまたはシングルコーテーションで囲みます。例:"MS Pゴシック"
値1(フォントファミリー名) メイリオなど種類は複数あります。
値2(総称フォントファミリー名) 総称フォントファミリー名は、フォントファミリー名が使用できない時に使用されます。
複数のフォントを指定できます。優先順位の高いものから順にカンマ区切りで記述します。ユーザーの環境に指定のフォントがあればそれが使用されます。
serif・・・明朝系に相当します。
sans-serif・・・ゴシック系に相当します。
monospace・・・等幅のフォントです。
cursive・・・筆記体・草書体に相当します。
fantasy・・・装飾されたフォントです。
初期値 環境による
継承 継承する
参考(MDN) https://developer.mozilla.org/ja/docs/Web/CSS/font-family

文字のフォントを指定する

<style>
  .p1 {
    font-family: "メイリオ";
  }
  .p2 {
    font-family: serif;/* 明朝系に相当 */
  }
  .p3 {
    font-family: sans-serif;/* ゴシック系に相当 */
  }
  .p4 {
    font-family: monospace;/* 等幅のフォント */
  }
  .p5 {
    font-family: cursive;/* 筆記体・草書体に相当 */
  }
  .p6 {
    font-family: fantasy;/* 装飾されたフォント */
  }
  p {font-size: 24px;}
</style>
<p class="p1">1.あいうえお-メイリオ</p>
<p class="p2">2.かきくけこ-serif-明朝系</p>
<p class="p3">3.さしすせそ-sans-serif-ゴシック系</p>
<p class="p4">4.たちつてと-monospace-等幅</p>
<p class="p5">5.なにぬねの-cursive-筆記体・草書体</p>
<p class="p6">6.はひふへほ-fantasy-装飾</p>

以下は、実行結果です。

関連の記事

CSS color 文字の色を指定するサンプル
CSS text-align 文字を左寄せ/右寄せにする
CSS vertical-align 垂直の位置を指定するサンプル
CSS line-height 行の高さを指定するサンプル

△上に戻る