AWS S3にファイルを配置/取得するサンプル

AWSのS3にファイルを配置/取得するサンプルです。

目次

サンプル S3にファイルを配置/取得する概要
  S3を作成する
画像ファイルをアップロードする(配置)
画像ファイルをダウンロードする(取得)

S3にファイルを配置/取得する概要

  • S3は、テキストファイルや画像ファイル等を配置できます。
  • ID(キー)でデータを管理します。
  • 以下は、AWSのAmazon S3のリンクです。
    https://aws.amazon.com/jp/s3/

 

S3を作成する

1.AWSマネジメントコンソールにログインします。

 

2.検索入力欄で「S3」と入力し、表示された「S3」をクリックします。

 

3.左の「バケット」をクリックし「バケットを作成」ボタンをクリックします。

 

4.バケット名を入力し、AWSリージョンを選択します。

※バケット名は全AWSユーザでユニークである必要があります。AWSの仕様です。
使用されているバケットが削除されるとその名称を使用できるようになります。

 

5.オブジェクト所有者は、「ACL無効(推奨)」は「無効にする」にしました。

 

6.「パブリックアクセスをすべてブロック」のチェックは付けたままにしました。

 

7.「バケットのバージョニング」は「無効にする」のままにしました。

 

8.「サーバー側の暗号化」は、「無効にする」のままにしました。

 

9.「バケットを作成」ボタンを押すとバケットが作成されます。

 

画像ファイルをアップロードする(配置)

1.検索入力欄で「S3」と入力し、表示された「S3」をクリックします。

2.作成した「バケット名」をクリックします。

 

3.アップロードボタンを押します。

 

4.「ファイルを追加」を押すとファイル選択ダイアログが表示されるのでファイルを選択すると一覧に表示されます。アップロードボタンを押すとアップロードされます。

 

画像ファイルをダウンロードする(取得)

1.検索入力欄で「S3」と入力し、表示された「S3」をクリックします。

2.作成したバケット名をクリックします。

 

3.ダウンロードするファイルの左横のチェックを入れダウンロードをクリックするとダウンロードできます。
チェックがある状態で開くをクリックすると画像ファイルの中身を確認できます。

関連の記事

AWS IAMユーザを作成するサンプル

△上に戻る