AWS EC2からRDS(MySQL)に接続するサンプル

AWSのEC2からRDS(MySQL)に接続するサンプルです。

目次

サンプル 目的
  VPCの中にサブネットを作成する
RDS用のセキュリティグループを作成する
RDSを作成する
RDSに接続する
ダッシュボードで見た時
注意 DBインスタンスの停止は7日間のみ

目的

 

VPCの中にサブネットを作成する

1.AWSマネジメントコンソールにログインします。

2.検索入力欄で「VPC」と入力し、表示された「VPC」をクリックします。

3.画面左の「サブネット」をクリックします。

4.画面右にある「サブネットを作成」をクリックします。

5.サブネットを設定するVPCを選択します。
選択すると「IPv4 CIDR」の値が選択したVPCにあわせて表示されます。

 

サブネットの設定では、「サブネット名」を入力し、「アベイラビリティーゾーン」を選択します。
アジアパシフィック(東京)/ap-northeast-1aを選択しました。

「IPv4 CIDRブロック」は、10.0.20.0/28としました。最後に「サブネットを作成」ボタンを押すとサブネットが作成されます。ルートテーブルの設定は行いません。

複数のAZ

RDSを使用する際は、複数のAZ(アベイラビリティーゾーン)のサブネットを用意する必要があります。

上記手順でもう一つサブネットを作成します。

サブネット名はtest-subnet-rds、AZはap-northeast-1c、CIDRは10.0.21.0/28で作成しました。

 

RDS用のセキュリティグループを作成する

1.検索入力欄で「EC2」と入力し、表示された「EC2」をクリックします。

2.セキュリティグループを作成ボタンを押します。

3.「セキュリティグループ名」と「説明」に任意の値を入力します。
「VPC」は、作成したVPCを指定します。すでに別のVPCの値が入っていた場合は一旦クリアすると別のVPCを選択できるようになります。

「インバウンドルール」で「ルールの追加」をクリックしMYSQL/Auroraを選択し、カスタムでは、testと入力し作成したtest-security1を選択します。完了後、「セキュリティグループを作成」をクリックします。

 

RDSを作成する

1.検索入力欄で「RDS」と入力し、表示された「RDS」をクリックします。

2.画面左の「データベース」をクリックします。

3.「データベースの作成」をクリックします。

 

4.エンジンのタイプは、「MySQL」を選択します。

作成方法は、標準作成
バージョンは、MySQL 8.0.28
テンプレートは、無料利用枠
DB インスタンス識別子は、test-db-mysql

マスタユーザー名は、admin

DB インスタンスクラスは、db.t3.micro

接続のVPCは、test-vpc2
サブネットグループは、新しいDBサブネットグループの作成
パプリックアクセスは、なし

vpcセキュリティグループは、既存の選択で、test-security-rds

アベイラビリティーゾーンは、ap-northeast-1a

データベース認証は、パスワード認証

最初のデータベース名は、test_database_first_rds

自動バックアップを有効にしますのチェックを外す

暗号化を有効化のチェックを外す

3.一覧で起動するデータベースをチェックし「アクション」から「開始」クリックで起動します。
起動するまで数分かかります。

 

RDSに接続する

1.Tera TermのSSHでEC2に接続します。
Tera TermのSSHでEC2に接続する

 

2.RDSのMySQLに接続するためのMySQLをインストールします。

sudo yum -y install mysql

インストール済みかの確認は、yum list installed | grep mariadbで行います。
インストール済みの場合はmariadbの行が表示されます。

 

3.RDSの接続情報を取得します。
画面左のデータベースをクリックし、一覧の作成したMySQLのリンクをクリックし、接続とセキュリティタブにあるエンドポイントの値をコピーします。

 

4.RDSへの接続のコマンドを入力します。

mysql -h test-db-mysql.c5yyb8r5h2py.ap-northeast-1.rds.amazonaws.com -u admin -p

この後パスワードを入力します。

 

5.成功すると以下のようにMySQLへログインします。

 

ダッシュボードで見た時

RDSを1つ作成したので1/40となっています。

 

DBインスタンスの停止は7日間のみ

DBインスタンスを停止した場合でもAWSの仕様で8日目に自動で起動するので注意が必要です。

関連の記事

AWS IAMユーザを作成するサンプル

△上に戻る