AWS プライベートサブネットとEC2を作成する

AWSのプライベートサブネットを作成するサンプルです。

目次

サンプル プライベートサブネットを作成する
  プライベートサブネットにEC2を作成する
  キーペアをpublicのEC2に作成
publicのEC2からprivateのEC2にログインする
NATゲートウェイを作成する
ルートテーブルを作成する
privateからインターネットへpingで確認/NATゲートウェイの確認

インターネットゲートウェイ(IGW)を作成/設定する概要

  • プライベートサブネットとEC2を作成します。
  • プライベートサブネットのEC2にはインターネット側からアクセスできないようにします。
  • プライベートサブネットのEC2からはインターネットの送受信ができるようにします。
  • パブリクのEC2からはプライベートのEC2にSSH接続できるようにします。
  • EC2のtest3-private-ec2は、「パブリックIPの自動割り当て」は無効化で作成します。
  • NATゲートウェイにEIP(Elastic IP)を付けてパブリクサブネットに配置します。
  • プライベートサブネットに関連付けられたルートテーブルの0.0.0.0/0をNATゲートウェイに設定します。
  • NATゲートウェイは、1つのパブリクなEIP(Elastic IP)と複数のEC2のプライベートIPアドレスとを変換できます。

 

プライベートサブネットにEC2を作成する

1.EC2のtest3-private-ec2を作成します。

vpc test-vpc3
subnet test-pri-subnet
パブリックIPの
自動割り当て
無効化
セキュリティグループ test3-security
キーペア test3-public-ec2と同じ

 

キーペアをpublicのEC2に作成

publicのEC2からprivateのEC2にログインするため、publicのEC2にキーペアを配置します。

[ec2-user@ip-10-0-0-92 ~]$ vi test3-key-pair.pem
[ec2-user@ip-10-0-0-92 ~]$ ls -lrt
total 4
-rw-rw-r-- 1 ec2-user ec2-user 1675 Jan  9 01:37 test3-key-pair.pem
[ec2-user@ip-10-0-0-92 ~]$ mv test3-key-pair.pem ~/.ssh
[ec2-user@ip-10-0-0-92 ~]$ ls -lrt ~/.ssh
total 8
-rw------- 1 ec2-user ec2-user  396 Jan  8 16:26 authorized_keys
-rw-rw-r-- 1 ec2-user ec2-user 1675 Jan  9 01:37 test3-key-pair.pem
[ec2-user@ip-10-0-0-92 ~]$
[[ec2-user@ip-10-0-0-92 ~]$ chmod 600 ~/.ssh/test3-key-pair.pem
[ec2-user@ip-10-0-0-92 ~]$
[ec2-user@ip-10-0-0-92 ~]$ ls -lrt ~/.ssh/test3-key-pair.pem
-rw------- 1 ec2-user ec2-user 1675 Jan  9 01:37 /home/ec2-user/.ssh/test3-key-pair.pem
[ec2-user@ip-10-0-0-92 ~]$

1行目は、viでファイルを作成し、ローカルPCにあるキーペアを開いてコピーして貼り付けています。

5行目は、作成したファイルを移動しています。

11行目は、chmodでアクセス制限を厳しくしています。制限がゆるいとssh使用時に Unprotected Private Key File という警告が表示されます。

 

publicのEC2からprivateのEC2にログインする

sshコマンドで、publicのEC2からprivateのEC2にログインします。

ssh -i ~/.ssh/test3-key-pair.pem ec2-user@10.0.0.243

接続先のIPアドレスは、AWSの画面のインスタンスをクリックしてプライベートIPの箇所から取得します。

 

NATゲートウェイを作成する

1.検索入力欄で「vpc」と入力し、表示された「VPC」をクリックします。

2.「NATゲートウェイ」から「NATゲートウェイを作成」ボタンをクリックします。

3.名前に任意の名称を設定します。サブネットはパブリクのサブネットを選択します。
「NATゲートウェイを作成」ボタンを押します。

 

4.NATゲートウェイが作成されます。

 

ルートテーブルを作成する

1.検索入力欄で「vpc」と入力し、表示された「VPC」をクリックします。

2.「ルートテーブル」から「ルートテーブルを作成」ボタンをクリックします。

3.名前に任意の名称を設定します。VPCは、作成したVPC(test-vpc3)を選択します。
「ルートテーブルを作成」ボタンを押します。

 

4.作成後、作成した「ルートテーブル」のリンクをクリックし「ルートを編集」をクリックします。

5.「ルートを追加」をクリックし、NATゲートウェイの0.0.0.0/0を作成します。

 

6.サブネットの関連付けのタブから「サブネットの関連付けを編集」をクリックします。

 

7.privateのサブネットにチェックを入れ、「関連付けを保存」をクリックします。

 

8.ルートテーブルのルートは以下のようになります。

1行目のターゲットは、NATゲートウェイです。

 

privateからインターネットへpingで確認/NATゲートウェイの確認

privateのEC2にログインしてpingでインターネットに接続できることを確認します。

[ec2-user@ip-10-0-0-243 ~]$ ping yahoo.co.jp
PING yahoo.co.jp (183.79.250.251) 56(84) bytes of data.
64 bytes from 183.79.250.251 (183.79.250.251): icmp_seq=1 ttl=42 time=8.39 ms
64 bytes from 183.79.250.251 (183.79.250.251): icmp_seq=2 ttl=42 time=7.66 ms

 

NATゲートウェイの値は以下のようになっています。

関連の記事

AWS IAMユーザを作成するサンプル

△上に戻る