AWS Route53でDNSを作成するサンプル

AWSのRoute53でDNSを作成するサンプルです。

目次

サンプル Route53でDNSを作成する概要
  Route 53を作成する
Elastic IPでIPアドレスを取得しEC2に紐づけする
ドメインを取得したサイトのネームサーバーを変更する
Route53にAレコードを登録する
ブラウザで確認する

Route53でDNSを作成する概要

 

Route 53を作成する

1.AWSマネジメントコンソールにログインします。

 

2.検索入力欄で「route53」と入力し、表示された「Route 53」をクリックします。

 

3.Route 53 ダッシュボードが表示されるので「ホストゾーンの作成」をクリックします。

 

4.ドメイン名に取得したドメイン名を入力します。

 

5.タイプは、「パブリックホストゾーン」を選択し、「ホストゾーンの作成」ボタンをクリックします。

 

6.ホストゾーンの作成直後の状態です。
SOAレコードは、自分が管理しているゾーン(ドメイン)の情報です。
NSレコードは、自分が管理しているゾーン(ドメイン)のネームサーバです。

 

Elastic IPでIPアドレスを取得しEC2に紐づけする

1.検索入力欄で「EC2」と入力し、表示された「EC2」をクリックします。

 

2.左の画面で「Elastic IP」をクリックし、「Elastic IPアドレスを割り当てる」ボタンをクリックし、「割り当て」ボタンをクリックします。

 

3.アクションから「Elastic IPアドレスの関連付け」をクリックします。

 

4.インスタンスに、紐づける対象のEC2(test2-ec2)を選択します。

 

5.任意のプライベートアドレスを指定し「関連付ける」ボタンをクリックするとEC2が関連付けられます。

 

ドメインを取得したサイトのネームサーバーを変更する

1.ドメインを取得したサイト(※)に入り、ネームサーバの変更を選択し、ネームサーバ情報を入力します。(※お名前.comを使用)

入力欄には、Route53作成時に出力されたNSレコードの「値/トラフィックのルーティング先」の値を入力します。最後のドット(.)は入力不要です。

 

Route53にAレコードを登録する

1.検索入力欄で「route53」と入力し、表示された「Route 53」をクリックします。

 

2.画面左の「ホストゾーン」をクリックし、作成したドメイン名(testsite-aws.net)をクリックします。

 

3.「レコードを作成」ボタンをクリックし、レコード名は空のままで、値は、Elastic IPまたはEC2のIPアドレスを入力します。他はデフォルトのままで「レコードを作成」ボタンを押します。

 

4.Aレコードが作成されました。

ドメイン名に対するIPアドレスが設定されています。
正引きで使用します(ドメイン名からIPアドレスを取得する)。

 

ブラウザで確認する

ブラウザのURLに(取得したドメイン名) testsite-aws.net/test1.htmlと入力するとhello worldと表示されます。

(EC2のインスタンス一覧に表示される)IPアドレス/test1.htmlでも表示できます。

 

※テストが終了した場合は、EC2を終了します。

停止の場合だとEC2作成時に作られるEBSの料金で課金される可能性があります。

Elastic IPも解放しておきます。

 

Route53の料金は、「0.50USD ホストゾーンごと / 月、最初の 25 ホストゾーン」となっており料金がかかりますが、テスト用の作成後 12 時間以内に削除した場合は無料(条件あり)等もあります。
詳細は以下参照願います。

https://aws.amazon.com/jp/route53/pricing/

関連の記事

AWS IAMユーザを作成するサンプル

△上に戻る