AWS IAMユーザを作成するサンプル

AWSのIAMユーザを作成するサンプルです。

目次

サンプル IAMユーザとルートユーザの関係
  IAMユーザを作成する

IAMユーザとルートユーザの関係

  • IAMユーザとは、通常の作業を行うユーザです。
  • ルートユーザは全てにアクセスできる権限を持つユーザです。
  • ルートユーザでログインしてIAMユーザを作成します。
  • IAMは、Identity and Access Managementの略です。

IAMユーザを作成する

1.AWSマネジメントコンソールにルートユーザでログインします。

2.検索入力欄で「IAM」と入力し、表示された「IAM」をクリックします。

 

3.「ユーザー」のリンクをクリックします。

 

4.「ユーザーを追加」をクリックします。

 

5.「ユーザーを追加」の①です。
・「ユーザー名」に任意のユーザー名を入力します。
・「アクセスの種類」は、「プログラムによるアクセス」「AWSマネジメントコンソールへのアクセス」があります。必要なものにチェックを入れます。
・「コンソールのパスワード」にパスワードを入力します。このユーザーのパスワードです。
・「パスワードのリセットが必要」は、別の人がアカウントを使用する時などで使用します。

 

6.「ユーザーを追加」の②です。
アクセス許可の設定を行います。
今回は「既存のポリシーを直接アタッチ」を選択し、「ポリシーのフィルタ」にadminと入力し、「AdministraotrAccess」にチェックを入れました。

 

7.「ユーザーを追加」の③です。
タグの追加では何も入力せず次に進みます。

 

8.「ユーザーを追加」の④です。
入力内容の確認画面が表示されます。
「ユーザーの作成」ボタンを押すとユーザが作成されます。

 

9.ユーザー作成後の画面でログインURL等の情報が表示されます。
CSVダウンロードやメールの送信や画面キャプチャ等して情報を保存しておきます。

関連の記事

△上に戻る