AWS RDSでDBパラメータグループを変更する

AWSのRDSでDBパラメータグループを変更するサンプルです。(確認環境:MySQL 5.7.34)

目次

サンプル DBパラメータグループの値を確認する
  DBパラメータグループを作成する
作成したDBパラメータグループの値を変更する
作成したDBパラメータグループをRDSに指定する
DBパラメータグループの変更箇所を比較する

DBパラメータグループの値を確認する

1.RDSのデータベースの一覧でDB識別子をクリックします。

 

2.設定タブをクリックします。このサンプルでは、パラメータグループはdefault.mysql5.7になっています。クリックします。

 

3.DBパラメータグループのパラメータの値が表示されます。

 

 

DBパラメータグループを作成する

1.パラメータグループをクリックします。

 

2.パラメータグループの作成をクリックします。

 

3.グループ名は任意の値を入力します。作成でパラメータグループが作成されます。

 

作成したDBパラメータグループの値を変更する

1.パラメータグループの一覧で変更するパラメータグループを選択しアクションから編集をクリックします。

 

2.値を選択または入力し、変更の保存をクリックすると保存されます。

 

 

作成したDBパラメータグループをRDSに指定する

1.データベースの一覧でデータベースを選択して変更ボタンをクリックします。

 

2.DBパラメータグループの選択肢で、作成したDBパラメータグループを選択します。

 

3.最後に変更のサマリーでDBパラメータグループが変更されることを確認します。
すぐに適用を選択してDBインスタンスを変更をクリックします。

 

4.設定のパラメータグループを見ると再起動を保留中となっています。
データベースの再起動を行います。

 

5.データベースの再起動が完了すると同期中になります。

 

DBパラメータグループの変更箇所を比較する

1.パラメータグループの一覧で比較するパラメータグループをチェックし、アクションから比較をクリックします。

 

 

2.差分がある箇所のみパラメータとそれぞれの値が表示されます。

関連の記事

AWS EC2からAurora(MySQL)に接続するサンプル

△上に戻る