AWS EC2からRDS(Aurora)に接続するサンプル

AWSのEC2からRDS(Aurora)のMySQLに接続するサンプルです。

目次

サンプル 目的
  RDS(Aurora)のMySQLを作成する
RDSに接続する
ダッシュボードで見た時
MySQLのバージョンを確認
MySQLのバージョンをアップする場合
このサンプルのRDS(Aurora)でかかった金額

目的

  • EC2にSSH接続をしてRDS(Aurora)のmysqlに接続します。
  • Auroraはクラスタ構成です。読み取り専用のデータベースがあります。
  • 金額はかかるのでテストで作成して放置しないように注意が必要です。
  • EC2が作成済みであることが前提です。
    AWS EC2を作成するサンプル

 

RDS(Aurora)のMySQLを作成する

1.検索入力欄で「RDS」と入力し、表示された「RDS」をクリックします。

2.データベースをクリックします。

3.「データベースの作成」をクリックします。

 

4.値を選択または入力していきます。

※データ容量について500GB等を指定する必要はありません。Auroraは最大128TBまで自動で増えます。

作成方法 標準作成
エンジンのタイプ Amazon Aurora
エディション Amazon Aurora MySQL 互換エディション
バージョン MySQL 5.7(2.10.2)
テンプレート 開発/テスト
DBクラスター識別子 test-database-1
マスタユーザー名 admin
DBインスタンスクラス db.r6g.large (デフォルトで選択されているものですが料金が高いので注意)
マルチ AZ 配置 Aurora レプリカを作成しない
接続のVPC test-vpc2
サブネットグループ デフォルトで表示されたもの
パブリックアクセス なし
vpcセキュリティグループ 既存の選択で、test-security-rds
アベイラビリティーゾーン ap-northeast-1a
データベース認証 パスワード認証
Performance Insights オンにするにチェックを入れる
Performance Insights の保持期間 7日(無料利用枠)を選択

 

データベースの作成をクリックすると作成されます。

リーダーインスタンスは、読み取り専用です。

 

5.起動する場合は、一覧でデータベースをチェックしアクションから起動クリックで起動します。
起動するまで数分かかります。

 

RDSに接続する

1.Tera TermのSSHでEC2に接続します。
Tera TermのSSHでEC2に接続する

 

2.RDSのMySQLに接続するためのMySQLをインストールします。
既にインストール済みの場合は不要です。

sudo yum -y install mysql

インストール済みかの確認は、yum list installed | grep mariadbで行います。
インストール済みの場合はmariadbの行が表示されます。

 

3.RDS(Aurora)の接続情報を取得します。
画面左のデータベースをクリックし、一覧の作成したリーダーインスタンスのDB(test-database-1-instance-1)のリンクをクリックし、接続とセキュリティタブにあるエンドポイントの値をコピーします。

 

 

4.RDSへの接続のコマンドを入力します。

mysql -h test-database-1-instance-1.c5yyb8r5h2py.ap-northeast-1.rds.amazonaws.com -u admin -p

この後パスワードを入力します。

 

5.成功すると以下のようにMySQLへログインします。

 

ダッシュボードで見た時

RDS(Aurora)は、DBクラスターなので1/40となっています。

 

MySQLのバージョンを確認

リージョン別クラスターのDBを選択して設定ボタンを押します。
(ライターインスタンスでは変更できません)

リージョン別クラスター

 

ライターインスタンス

 

MySQLのバージョンをアップする場合

データベースを選択して、変更ボタンを押します。

 

データベースのバージョンを選択します。

 

最後に変更のサマリーで確認できます。「クラスターの変更」をクリックでバージョンアップされます。

 

このサンプルのRDS(Aurora)でかかった金額

このサンプルを作成して約19時間起動状態のままにしていたら6.07ドル(約900円)かかりました。

1時間あたり0.313ドル*19.301時間=6.04

使用しない場合は注意が必要です。

一時停止にしても最大7日間停止し、その後自動で再起動されるので注意が必要です。

関連の記事

AWS IAMユーザを作成するサンプル

△上に戻る