AWS Aurora(MySQL)の確認

AWSのAurora(MySQL)でライターインスタンスについてです。

目次

サンプル AWSのAurora(MySQL)の概要
  DBクラスターの合計ストレージ使用量を表示する
ダッシュボードで見た時
Auroraのバージョンを画面から確認
Aurora(MySQL)のバージョンをアップする場合
DB識別子を変更する
IAM DB 認証か確認する

AWSのAurora(MySQL)の概要

  • データはクラスターボリュームにあります。
  • ライター(Writer)インスタンスは、クラスターで1つのみ存在します。読み書き可です。プライマリDBインスタンスとも呼ばれます。
  • リーダー(Reader)インスタンスは、クラスターで複数存在できます。読み込みのみ可です。Auroraレプリカとも呼ばれます。
  • 以下は、AWSのAmazon Aurora DB クラスターのリンクです。
    https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/AmazonRDS/latest/AuroraUserGuide/Aurora.Overview.html

 

DBクラスターの合計ストレージ使用量を表示する

1.Auroraの一覧でリージョン別クラスターを選択し、モニタリングをクリックします。

 

2.CloudWatchの検索欄に「請求済み」と入力します。
[請求済み] 使用されたボリュームのバイト数 (GiB)にストレージ使用量が表示されます。

 

ダッシュボードで見た時

Aurora(MySQL)を1つ作成した状態です。Aurora(MySQL)はDBクラスターなので1/40となっています。

 

Auroraのバージョンを確認(画面から)

リージョン別クラスターで確認する場合

リージョン別クラスターを選択して設定を押します。mysqlは5.6でauroraは1.17.9になっています。

 

インスタンスで確認する場合

インスタンスを選択して設定を押します。

 

Auroraを削除する

インスタンスを全て削除するとリージョン別クラスターも削除されます。

Auroraは起動したまま(ステータスは「利用可能」)でアクションから削除をクリックします。
リージョン別クラスターからは削除できません。

 

Aurora(MySQL)のバージョンをアップする場合

1.リージョン別クラスターを選択して、変更ボタンを押します。
ライターインスタンスでは変更できません。

 

2.データベースのバージョンを選択します。

 

3.変更のサマリーで、変更箇所のみ表示されます。
変更をするタイミングは、「すぐに適用」を選択します。
「クラスターの変更」をクリックでバージョンアップします。

 

DB識別子を変更する

1.DB識別子を変えたいインスタンスを選択し、変更ボタンをクリックします。

 

2.DBインスタンス識別子の名称を変更します。

 

3.変更のサマリーで、変更箇所のみ表示されます。

 

4.変更をするタイミングは、すぐに適用を選択してDBインスタンスを変更をクリックします。

 

5.しばらくするとDB識別子が変更されます。

  

 

IAM DB 認証か確認する

インスタンスの作成時または変更時に「パスワードとIAMデータベース認証」を選択するとIAM DB認証になります。

 

クラスターの設定でIAM DB認証の場合は、「有効」になります。そうでない場合は「無効」になります。

関連の記事

AWS EC2からAurora(MySQL)に接続するサンプル

△上に戻る