AWS EC2のWindows2012にRDPでログインする

AWSのEC2のWindows2012にRDP(リモートデスクトッププロトコル)でログインするサンプルです。

目次

サンプル 概要
  RDPで接続する準備を行う
リモートデスクトップファイルでログインする
リモートデスクトップ接続でログインする
リモートデスクトップを終了する時

概要

  • ローカルのリモートデスクトップ接続でEC2のWindows2012にログインします。
  • EC2のWindows2012は作成済みです。

 

RDPで接続する準備を行う

EC2のWindows2012は作成済みの前提です。

1.EC2のセキュリティグループのインバウンドルールにRDPがない場合は追加します。

 

2.インスタンスの一覧のインスタンスIDのリンクをクリックし、「接続」をクリックします。

 

3.「RDPクライアント」タグをクリックします。

 

4.接続タイプは、「RDPクライアントを使用して接続する」を選択します。

 

5.「リモートデスクトップファイルのダウンロード」をクリックすると接続情報のファイルがダウンロードされるので保存しておきます。

「パスワードを取得」をクリックします。

 

6.「Browse」をクリックし、EC2作成時に作成したキーペア(拡張子.pem)の内容を入力欄に貼り付け、画面下にある「パスワードを復号化」をクリックします。

 

7.成功するとパスワードの欄にパスワードが表示されるのでコピーします。
完了したら画面下の「キャンセル」をクリックします。※この作業は後から何度もできます。

 

リモートデスクトップファイルでログインする

1.ダウンロードしたリモートデスクトップファイル「test-windows2012.rdp」をクリックするとダイアログが表示されます。「接続」をクリックします。

 

2.上記の手順で取得したパスワードを入力します。

 

3.以下のダイアログが表示されるのではいをクリックするとWindowsにログインできます。
最初のログイン時は、時間がかかるので待ちます。

 

リモートデスクトップ接続でログインする

1.画面左下のスタートボタンを押し「Windowsアクセサリ」から「リモートデスクトップ接続」をクリックします。

 

2.オプションの表示をクリックします。

 

3.入力欄にドメイン名かIPアドレスを入力し、ユーザー名を入力します。
接続設定の「開く」でリモートデスクトップファイル「test-windows2012.rdp」を指定すると上記項目は自動でセットされます。

接続をクリックし、パスワード入力が求められたら入力するとWindowsにログインできます。

 

リモートデスクトップを終了する時

1.画面上にある青いタブのばつのアイコンをクリックします。

 

2.OKを押します。

関連の記事

AWS IAMユーザを作成するサンプル

△上に戻る