AWS ELBで2つのEC2のApacheをそれぞれ表示

AWSのELBで2つのEC2のApacheのhtmlをそれぞれ表示するサンプルです。

目次

サンプル ELBで2つのEC2のApacheからhtmlを表示する概要
  ELBを作成する
ブラウザでELBの動きを確認する

ELBで2つのEC2のApacheからhtmlを表示する概要

  • 2つのEC2のapache上にhtmlファイル(内容は別)を置き、ELBの機能によりブラウザの再読み込みで処理が振り分けされることを確認します。
  • ELB(Elastic Load Balancing)はロードバランサーで処理を振り分けます。
  • EC2を2つ作成済みです。
  • ルートテーブルに2つのサブネットを関連付け済みです。

 

ELBを作成する

1.検索入力欄で「ELB」と入力し、表示された「ELB」をクリックします。

2.「ロードバランサーの作成」ボタンをクリックします。

3.Load balancer typesは「Application Load Balancer」のcreateボタンをクリックします。

 

4.ロードバランサーの名称を入力します。test-load-balancer1

 

5.スキーマとIPアドレスタイプは、デフォルトのままにします。

 

6.VPCは作成したVPCを選択しました。

 

7.Mappingは、EC2があるサブネットを2つ指定します。

 

8.セキュリティグループは、既存のセキュリティグループを指定しました。

 

9.Listenerでは、target groupの作成が必要です。Create target groupをクリックします。

 

10.ターゲットタイプは、Instancesを選択しました。

 

11.ターゲットグループ名は任意の名前を指定します。

 

12.ターゲットとするインスタンスにチェックを入れ、create target groupをクリックします。

元の画面に戻るのでcreate load balancerをクリックすると作成されます。

 

13.完了すると状態がActiveになります。

 

ブラウザでELBの動きを確認する

1.対象のロードバランサーをチェックし、画面下のDNS名の右にあるアイコンをクリックすると左のアドレスがコピーされます。

 

2.コピーしたアドレスとをブラウザのURL欄に貼り付け、今回のサンプルで作成した/test1.htmlを末尾に追加して、ブラウザの更新ボタンを押すとELBの機能により何回かのタイミングで画面の表示内容が変わります。

1つめのECにあるhtmlファイルの内容

2つめのECにあるhtmlファイルの内容

 

ELBはお金がかかるので、テストで使用したELBは削除します。

関連の記事

AWS IAMユーザを作成するサンプル

△上に戻る