AWS EventBridgeでS3に定期処理を行う

AWSのEventBridgeでS3に定期処理でファイルの書き込みを行うサンプルです。

目次

サンプル EventBridgeでS3に定期処理でファイルの書き込みを行う
  EventBridgeで設定を行う
  EventBridgeの処理を停止する場合
実行したS3の状態

EventBridgeでS3に定期処理でファイルの書き込みを行う

  • EventBridgeで5分おきにLambdaの関数を実行する設定を行い、5分ごとにS3にファイルを書き込みます。

 

EventBridgeで設定を行う

1.検索入力欄で「EventBridge」と入力し、表示された「EventBridge」をクリックします。

2.「ルールを作成」をクリックします。

3.名前と説明を入力します。イベントバスはdefaultを選択します。

 

4.ルールタイプは、「スケジュール」を選択します。次へをクリックします。

 

5.スケジュールパターンは、「通常のレートで実行されるスケジュール(10分ごとなど)」を選択肢、レート式は、「5分」とします。次へを押します。

 

6.ターゲット1のたーげっとたいぷは「AWSのサービス」、ターゲットを選択では「Lambda関数」,
機能は作成した「write-text1」を選択します。次へをクリックします。

 

7.タグは何もせず次へをクリックし、「ルールの作成」をクリックすると作成されます。
ルール作成後に処理が実行されます。

 

EventBridgeの処理を停止する場合

対象のルールを選択し「無効化」をクリックします。
ステータスがDisabledになります。

 

実行したS3の状態

最終更新日時が5分ごとに更新されます。

関連の記事

AWS IAMユーザを作成するサンプル

△上に戻る