Java 数値と文字列の変換のサンプル(valueOf)

Javaの数値と文字列の変換のサンプルです。

目次

サンプル 数値を文字列にする
  文字列を数値にする
  int型とdouble型を変換する

数値を文字列にする

valueOfメソッドで数値を文字列にできます。

package test1;
 
public class Test1 {
	public static void main(String[] args) {
	
		int num1 = 100; // int型
		String a = String.valueOf(num1);//String型に変換
		System.out.println(a);//100

		long num2 = 100; // long型
		String b = String.valueOf(num2);//String型に変換
		System.out.println(b);//100
		
		float num3 = 100.25f; // float型
		String c = String.valueOf(num3);//String型に変換
		System.out.println(c);//100.25

		double num4 = 100.25; // double型
		String d = String.valueOf(num4);//String型に変換
		System.out.println(d);//100.25
	}
}

以下はJava8 API仕様のString クラスのリンクです。
https://docs.oracle.com/javase/jp/8/docs/api/java/lang/String.html

文字列を数値にする

valueOfメソッドまたはparsexxxメソッドで文字列を数値にできます。

それぞれint型、long型、float型、double型に変換しています。

package test1;
 
public class Test1 {
	public static void main(String[] args) {
		
		String str1 = "100";
		int a = Integer.valueOf(str1); //int型に変換
		System.out.println(a);	// 100

		int b = Integer.parseInt(str1); //int型に変換
		System.out.println(b);	// 100
		
		String str5 = "-100";
		int num1 = Integer.valueOf(str5); //int型に変換
		System.out.println(num1);	// -100

		int num2 = Integer.parseInt(str5); //int型に変換
		System.out.println(num2);	// -100
		
		long c = Long.valueOf(str1); //long型に変換
		System.out.println(c);	// 100

		long d = Long.parseLong(str1); //long型に変換
		System.out.println(d);	// 100
		
		String str2 = "100.25";

		float e = Float.valueOf(str2); //float型に変換
		System.out.println(e);	// 100.25

		float f = Float.parseFloat(str2); //float型に変換
		System.out.println(f);	// 100.25
		
		String str3 = "100.25";

		double g = Double.valueOf(str3); //double型に変換
		System.out.println(g);	// 100.25

		double h = Double.parseDouble(str3); //double型に変換
		System.out.println(h);	// 100.25
	}
}

int型とdouble型を変換する

package test1;
public class Test1 {
	public static void main(String[] args) {

		int a = 100;
		double b = a; //int型からdouble型に変換
		System.out.println(b);	// 100.0
		
		double c = 100.25;
		int d = (int) c; //double型からint型に変換
		System.out.println(d);	// 100
	}
}

6行目は、int型からdouble型に変換しています。
暗黙的に型変換が行われるのでそのまま代入できます。
10行目は、double型からint型に変換しています。変数への代入はキャストを行います。
キャストは、かっこ( )が必要です。小数の値はなくなります。

関連の記事

Java データ型とは(基本型と参照型)

△上に戻る