Java 数値と文字列の変換のサンプル(valueOf)

Javaの数値を文字列に変換する、または文字列を数値に変換するサンプルです。

目次

数値を文字列にする

public  static  String  valueOf (int i)  
public  static  String  valueOf (long l)
public  static  String  valueOf (float f)
public  static  String  valueOf (double d)
  • StringクラスのvalueOfメソッドを使用します。
  • 引数の数値(int型,long型,float型,double型)を文字列で返します。

コード

サンプルのコードです。

package test1;
 
public class Test1 {
	public static void main(String[] args) {
		
		int num1 = 100;
		long num2 = 100;
		float num3 = 100.25f;
		double num4 = 100.25;
	
		// int型の数値を文字列に変換
		String t1 = String.valueOf(num1);
		System.out.println(t1);	// 100

		// long型の数値を文字列に変換
		String t2 = String.valueOf(num2);
		System.out.println(t2);	// 100
		
		// float型の数値を文字列に変換
		String t3 = String.valueOf(num3);
		System.out.println(t3);	// 100.25

		// double型の数値を文字列に変換
		String t4 = String.valueOf(num4);
		System.out.println(t4);	// 100.25
		
//		String t1 = num1;  //コンパイルエラー
	}
}

文字列をint型の数値にする

public  static  Integer  valueOf (String s)  throws  NumberFormatException
public  static  int  parseInt (String s)  throws  NumberFormatException
  • IntegerクラスのvalueOfメソッドまたはparseIntメソッドを使用します。
  • valueOfメソッドは、引数の文字列をInteger型の数値で返します。
  • parseIntメソッドは、引数の文字列をint型の数値で返します。

コード

サンプルのコードです。
9行目は、valueOfメソッドを使用しています。
13行目は、parseIntメソッドを使用しています。

package test1;
 
public class Test1 {
	public static void main(String[] args) {
		
		String str = "100";
		
		// 文字列をint型の数値に変換
		int t1 = Integer.valueOf(str);
		System.out.println(t1);	// 100

		// 文字列をint型の数値に変換
		int t2 = Integer.parseInt(str);
		System.out.println(t2);	// 100

//		int t1 = str;  //コンパイルエラー
	}
}

文字列をlong型の数値にする

public  static  Long  valueOf (String s)  throws  NumberFormatException
public  static  long  parseLong (String s) throws NumberFormatException
  • LongクラスのvalueOfメソッドまたはparseLongメソッドを使用します。
  • valueOfメソッドは、引数の文字列をLong型の数値で返します。
  • parseLongメソッドは、引数の文字列をlong型の数値で返します。

コード

サンプルのコードです。
9行目は、valueOfメソッドを使用しています。
13行目は、parseLongメソッドを使用しています。

package test1;
 
public class Test1 {
	public static void main(String[] args) {
		
		String str = "100";

		// 文字列をlong型の数値に変換
		long t4 = Long.valueOf(str);
		System.out.println(t4);	// 100

		// parseLongメソッドを使用。valueOfメソッドと同じ結果になる。
		long t5 = Long.parseLong(str);
		System.out.println(t5);	// 100
		
//		long t1 = str;  //コンパイルエラー
	}
}

文字列をfloat型の数値にする

public  static  Float  valueOf (String s)  throws  NumberFormatException
public  static  float  parseFloat (String s) throws NumberFormatException
  • FloatクラスのvalueOfメソッドまたはparseFloatメソッドを使用します。
  • valueOfメソッドは、引数の文字列をFloat型の数値で返します。
  • parseFloatメソッドは、引数の文字列をfloat型の数値で返します。

コード

サンプルのコードです。
9行目は、valueOfメソッドを使用しています。
13行目は、parseFloatメソッドを使用しています。

package test1;
 
public class Test1 {
	public static void main(String[] args) {
		
		String str = "100.25";

		// 文字列をfloat型の数値に変換
		float t4 = Float.valueOf(str);
		System.out.println(t4);	// 100.25

		// 文字列をfloat型の数値に変換
		float t5 = Float.parseFloat(str);
		System.out.println(t5);	// 100.25
		
//		float t1 = str;  //コンパイルエラー
	}
}

文字列をdouble型の数値にする

public  static  Double  valueOf (String s)  throws  NumberFormatException
public  static  double  parseDouble(String s)  throws  NumberFormatException
  • DoubleクラスのvalueOfメソッドまたはparseDoubleメソッドを使用します。
  • valueOfメソッドは、引数の文字列をDouble型の数値で返します。
  • parseDoubleメソッドは、引数の文字列をdouble型の数値で返します。

コード

サンプルのコードです。
9行目は、valueOfメソッドを使用しています。
13行目は、parseDoubleメソッドを使用しています。

package test1;
 
public class Test1 {
	public static void main(String[] args) {
		
		String str = "100.25";

		// 文字列をdouble型の数値に変換
		double t4 = Double.valueOf(str);
		System.out.println(t4);	// 100.25

		// parseDoubleメソッドを使用。valueOfメソッドと同じ結果になる。
		double t5 = Double.parseDouble(str);
		System.out.println(t5);	// 100.25
		
//		double t1 = str;  //コンパイルエラー
	}
}



△上に戻る