Java データ型とは(基本型と参照型)

Javaのデータ型についてです。

目次

データ型 データ型とは
  基本型とは
  参照型とは
  char型とString型の違い

データ型とは

  • データ型とはデータの種類です。
  • Javaのデータ型は、基本型と参照型があります。

基本型とは

  • 基本型の変数には、値が格納されます。
  • 変数とは、int a = 0;とあったときのaです。0が値です。
  • 基本型は、プリミティブ型、原始型とも呼ばれます。
分類 データ型 範囲  備考
整数 byte -128~127 1バイト
short -32,768~32,767 2バイト ほとんど使用されない
int -2147483648~2147483647
(約-21億~21億)
4バイト
数値を使用するとき(使用推奨)
10は、int型の10を表す
long -9223372036854775808~9223372036854775807
(約-922京~約922京)
8バイト
intより大きい数値を使うとき
10lは、long型の10を表す
浮動小数点 float 32ビット単精度
浮動小数点数
4バイト doubleより容量を使いたくないとき 誤差あり
10fは、float型の10を表す
double 64ビット倍精度
浮動小数点数
8バイト 小数を使用するとき(使用推奨) 誤差あり
10dは、double型の10を表す
真偽 boolean true / false 1バイト
文字 char ¥u0000~¥uffff
0~65535の範囲
2バイト Unicode(UTF-16)の文字に対応する数値コード
文字をシングルコーテションで括る

参照型とは

  • Javaのデータ型の参照型は、クラス、インターフェース、配列等があります。
  • 文字列を代入するString型も参照型です。
  • 参照型の変数には、参照先のアドレスが格納されます。
  • 値は指定されたアドレスにあります。
  • 参照先がない状態がnullです。
  • 参照型はリファレンス型とも呼ばれます。

char型とString型の違い

char型はシングルコーテションで、String型はダブルコーテーションで括ります。

package test1;

public class Test1 {
	public static void main(String[] args) {

		char a = 'あ';
		String b = "あ"; 
	}
}

6行目は、シングルコーテーションで括った文字をchar型の変数に代入しています。
7行目は、ダブルコーテーションで括った文字をString型の変数に代入しています。
char型の変数にダブルコーテーションで括った文字を代入しようとするとコンパイルエラーになります。

関連の記事

Java 数値と文字列の変換のサンプル(valueOf)
Java クラスで使われる用語のまとめ(メンバー変数等)
Java 参照型の変数を型変換するサンプル

△上に戻る