Java 基本型とラッパークラス

Javaの基本型とラッパークラスについてです。

目次

基本型

Javaの基本型です。プリミティブ型(原始型)とも呼ばれます。

分類 データ型 範囲  備考
整数 byte -128~127 1バイト
short -32,768~32,767 2バイト
int -2147483648~2147483647(約-21億~21億) 4バイト(使用推奨)
long -9223372036854775808~9223372036854775807
(約-922京~約922京)
8バイト
浮動小数点 float 32ビット単精度浮動小数点数 4バイト
double 64ビット倍精度浮動小数点数 8バイト(使用推奨)
真偽 boolean true / false 1バイト
文字 char ¥u0000~¥uffff
Unicode(UTF-16)の文字に対応する数値コード
0~65535の範囲
2バイト

ラッパークラス

基本型に対応してそれぞれのラッパークラスがあります。
ラッパークラスは基本型にオブジェクトの機能が付いたクラスです。
基本型とラッパークラスどちらでも使える場面では基本型を優先します。
ラッパークラスはオブジェクトの生成が行われ(性能面)またnull値の考慮も必要のためです。

基本型 ラッパークラス
byte Byte
short Short
int Integer
long Long
float Float
double Double
boolean Boolean
char Character

基本型からラッパーオブジェクトへの変換方法

基本型からラッパーオブジェクトへの変換は以下の方法があります。
・ボクシング変換を使う
・メソッド/コンストラクタを使う

ボクシング変換

ボクシング変換とは、基本型からラッパーオブジェクトへの変換が自動的に行われることです。
以下は、ボクシング変換で基本型からラッパーオブジェクトへ変換しています。

Integer t1 = 1;

メソッド/コンストラクタを使う

以下は、IntegerクラスのvalueOfメソッドで基本型からラッパーオブジェクトへ変換しています。

Integer t1 = Integer.valueOf(1);

以下は、Integerクラスのコンストラクタで基本型からラッパーオブジェクトへ変換しています。

Integer t1 = new Integer(1);

ラッパーオブジェクトから基本型への変換方法

ラッパーオブジェクトから基本型へ変換は以下の方法があります。
・アンボクシング変換を使う
・メソッドを使う

アンボクシング変換

アンボクシング変換とは、ラッパーオブジェクトから基本型への変換が自動的に行われることです。
以下は、アンボクシング変換でラッパーオブジェクトから基本型へ変換しています。

 Integer t1 = 1; //説明のためラッパーオブジェクトに値をセット
 int t2 = t1;

メソッドを使う

以下は、IntegerクラスのintValueメソッドでラッパーオブジェクトから基本型へ変換しています。

 Integer t1 = 1; //説明のためラッパーオブジェクトに値をセット
 int t2 = t1.intValue();

関連の記事

Java メンバー変数とローカル変数
Java staticメソッドとstatic変数のサンプル
Java static初期化ブロックと初期化ブロックのサンプル
Java staticインポートのサンプル
Java final修飾子のサンプル
Java abstract修飾子のサンプル




△上に戻る