Java クラスの変数のサンプル(メンバー変数/ローカル変数)

Javaのクラスの変数のサンプルです。

目次

メンバー変数

クラスのブロック内にある変数です。フィールドフィールド変数とも呼ばれます。

メンバー

クラスのブロックに含まれる要素のことをメンバーと言います。メンバー変数、メソッド、コンストラクタ等があります。

ブロック

「{」(波括弧) から「}」までをブロックと言います。ブロック内の変数のスコープはブロック内のみです。ブロックの外に宣言した変数はブロック内からでも参照できます。

スコープ

変数が有効な範囲です。

インスタンス変数

インスタンスごとに確保される変数です。

 

ローカル変数

メソッド内の変数です。スコープはメソッド内のみです。メソッドを抜けると値はメモリ上から消去されます。

 

サンプルのコード

9-18行目はSample1というクラスです。
11行目は、メンバー変数(フィールド、フィールド変数)です。また、5行目でSample1クラスをインスタンス化しているのでインスタンス変数です。初期値として数値の1をセットしています。
13-17行目はgetNumというメソッドです。
15行目は、メソッド内の変数なのでローカル変数です。ローカル変数のスコープはメソッド内のみ(13-17行目)です。メソッドを抜けると値はメモリから失われます。
11,15行目の変数にセットしている1と2はリテラル(整数リテラル)です。リテラルとはコードに記述された値です。

package test1;
 
public class Test1 {
    public static void main(String[] args) {
        Sample1 a = new Sample1();
        System.out.println(a.getNum()); // 3
    }
}
class Sample1 {
    // メンバー変数、フィールド、フィールド変数、インスタンス変数
    private int num1 = 1;
 
    public int getNum() {
        //ローカル変数
        int num2 = 2;
        return (num1 + num2);
    }
}

リテラル

コードに記述された値です。

 

アクセス修飾子

メンバー変数やメソッドなどで使用できるアクセス修飾子です。
アクセスを制限できます。

項目 説明
public すべてのクラスからアクセス可能
protected 同じパッケージのクラスからアクセス可能
現在のクラスの異なるパッケージのサブクラスからアクセス可能
修飾子なし 同じパッケージのクラスからアクセス可能
private 現在のクラスからアクセス可能

関連の記事

Java クラスのサンプル
Java コンストラクタのサンプル
Java 変数の型変換とキャストのサンプル
Java インスタンスの型を調べるサンプル(instanceof)
Java クラスのthisのサンプル
Java インターフェースのサンプル
Java abstract修飾子のサンプル
Java シングルトンのサンプル
Java ポリモフィズムのサンプル
Java staticメソッドとstatic変数のサンプル

 はまったらエンジニア特化型Q&Aサイト
【teratail(テラテイル)】で質問しましょう!


△上に戻る