Java 空文字か確認するサンプル(isEmpty/StringUtils)

JavaのisEmptyメソッドで空文字か確認するサンプルです。

確認環境
・Java 8
・Apache Commons Lang 3.9 (Java 8+)

目次

空文字の確認 空文字か確認する(isEmptyメソッド)
  空文字か確認する(StringUtilsクラスのisEmptyメソッド)

空文字か確認する(isEmptyメソッド)

public boolean isEmpty()
  • 文字列が空の場合trueを返し、それ以外はfalseを返します。
  • 空とは、文字数が0まはた文字列のlength()が0を指します。空文字(からもじ)と呼ばれます。
  • 値がnullの場合は、NullPointerExceptionが発生します
  • Stringクラスのメソッドです。
  • 以下はJava8 API仕様のisEmptyメソッドのリンクです。
    https://docs.oracle.com/javase/jp/8/docs/api/java/lang/String.html#isEmpty--

空文字か確認するサンプルです。

package test1;
 
public class Test1 {
	public static void main(String[] args) {
 
		// 空文字のとき
		String a = "";
		if (a.isEmpty()) {
			System.out.println("空文字"); // 空文字が出力される
		}

		// 空文字でない
		String b = "あいう えお";
		if (b.isEmpty()) {
			System.out.println("空文字");
		}else {
			System.out.println("空文字でない"); //空文字でないが出力される
		}

		// nullのとき
		String c = null;
		if (c.isEmpty()) { // NullPointerExceptionの例外が発生
			System.out.println("空文字"); 
		}
	}
}

8行目は、値が空文字の場合です。trueを返します。
14行目は、値が空文字でない場合です。falseを返します。
22行目は、値がNullの場合です。NullPointerException例外が発生します。

空文字か確認する(StringUtilsクラスのisEmptyメソッド)

public static boolean isEmpty(CharSequence cs)
  • StringUtilsクラスは、Apache Commons Langのライブラリです。
  • 空文字の場合は、trueを返します。
  • 値がnullの場合もtrueを返します。NullPointerExceptionが発生しません。上記のisEmptyメソッドとの違いです。
  • StringUtilsのライブラリは、以下のApache Commons Langのダウンロードページにあります。
    http://commons.apache.org/proper/commons-lang/download_lang.cgi
  • 上記リンクからzipを取得して展開しjar(例:commons-lang3-3.9.jar)をビルドパスに追加してください。
    Eclipse jarファイルをクラスパスに設定する方法

StringUtilsクラスのisEmptyメソッドで空文字か確認するサンプルです。

package test1;
import org.apache.commons.lang3.StringUtils;

public class Test1 {
	public static void main(String[] args) {
 
		// 空文字のとき
		String a = "";
		if (StringUtils.isEmpty(a)) {
			System.out.println("空文字"); // 空文字が出力される
		}

		// 空文字でない
		String b = "あいう えお";
		if (StringUtils.isEmpty(b)) {
			System.out.println("空文字");
		}else {
			System.out.println("空文字でない"); //空文字でないが出力される
		}

		// nullのとき
		String c = null;
		if (StringUtils.isEmpty(c)) {
			System.out.println("空文字"); // 空文字が出力される※違いの箇所
		}
	}
}

2行目は、StringUtilsをimportしています。
9行目は、値が空文字の場合です。trueを返します。
15行目は、値が空文字でない場合です。falseを返します。
23行目は、値がNullの場合です。trueを返します。Nullポインタの例外は発生しません。

関連の記事

Java 文字列の値を比較する(equals/compareTo)
Java equalsでnullまたは空文字を比較するサンプル

△上に戻る