Java 文字列が含まれるか真偽値を返す(contains)

Javaのcontainsメソッドで、文字列が含まれるか真偽値を返すサンプルです。

目次

サンプル 文字列が含まれているか真偽値を返す(contains)
  正規表現で文字列が含まれているか真偽値を返す(matches)

文字列が含まれているか真偽値を返す(contains)

public boolean contains(CharSequence s)

文字列が含まれているか真偽値を返すサンプルです。

package test1;

public class Test1 {
	public static void main(String[] args) {

		String a =  "12345";
		
		System.out.println(a.contains("3")); // true
		System.out.println(a.contains("9")); // false
		
		String b =  "あいうえお";
		
		System.out.println(b.contains("うえ")); // true
		System.out.println(b.contains("うお")); // false
 	}
}

containsメソッドは、文字列に指定の文字列がある場合Trueを返します。

正規表現で文字列が含まれているか真偽値を返す(matches)

public boolean matches(String regex)

文字列が含まれているか+正規表現で真偽値を返すサンプルです。

package test1;

public class Test1 {
	public static void main(String[] args) {

		String ptn1 = "A[BC]";
		
		System.out.println("AB".matches(ptn1)); // true
    	System.out.println("AC".matches(ptn1)); // true
    	System.out.println("AS".matches(ptn1)); // false
		
    	String ptn2 = "^AB.";
		
		System.out.println("ABC".matches(ptn2)); // true
    	System.out.println("AZC".matches(ptn2)); // false
 	}
}

6行目は、正規表現で「A」の次の文字が「B」または「C」であるかを指定しています。

12行目は、正規表現での「^」で先頭に「AB」の文字があるか指定しています。
最後のドット「.」は、任意の一文字を表します。

関連の記事

Java 正規表現で真偽値を返す(matches)

△上に戻る