AWS EC2のEBSのボリュームを拡張する(Linux)

AWSのEC2のEBSのボリュームを拡張するサンプルです。(Linux)

目次

サンプル 概要
AWSコンソールからEBSを拡張する
Linuxにログインしてコマンドで確認する

概要

  • 最初にAWSコンソールからEC2のEBSを拡張します。
  • 次にLinuxにログインして拡張のコマンドを入力します。

 

AWSコンソールからEBSを拡張する

1.EC2のインタンスの一覧からインスタンスIDのリンクをクリックします。

 

2.ストレージタブをクリックしボリュームIDのリンクをクリックします。

ボリュームサイズは、9(GiB)になっています。

 

3.ボリュームIDの一覧から対象のボリュームにチェックを入れアクションからボリュームの変更をクリックします。

 

4.サイズの入力欄を9から10に変更し、変更ボタンを押します。

 

5.確認の画面が表示されます。変更ボタンを押すと拡張が始まります。

 

6.ボリュームの一覧では、対象のボリュームの状態は、使用中以外になります。
拡張する容量により時間がかかります。

 

7.インスタンスのストレージタブでは、9から10に変わっています。

 

Linuxにログインしてコマンドでサイズを拡張する

※EC2インスタンスを再起動した時は自動で反映されたので、この手順は不要でした。

変更前の確認(ファイルシステム)

1.Linuxにログインしdf -hコマンドでファイルシステムとディスク容量を確認します。

[ec2-user@ip-10-0-10-7 ~]$ df -h
Filesystem      Size  Used Avail Use% Mounted on
devtmpfs        474M     0  474M   0% /dev
tmpfs           483M     0  483M   0% /dev/shm
tmpfs           483M  412K  483M   1% /run
tmpfs           483M     0  483M   0% /sys/fs/cgroup
/dev/xvda1      9.0G  2.1G  7.0G  23% /
tmpfs            97M     0   97M   0% /run/user/1000
[ec2-user@ip-10-0-10-7 ~]$

7行目は、9.0GBになっています。AWSコンソールでの変更は反映されていません。

 

変更前の確認(パーティション)

2.変更前のパーティションの状態をlsblkコマンドで確認します。

[ec2-user@ip-10-0-10-7 ~]$ lsblk
NAME    MAJ:MIN RM SIZE RO TYPE MOUNTPOINT
xvda    202:0    0  10G  0 disk
mqxvda1 202:1    0   9G  0 part /
[ec2-user@ip-10-0-10-7 ~]$

3行目は全体で10GBになっていますが4行目のルート(/)のサイズは9GBで変更されていません。
4行目のpartは、パーティションです。

 

3.growpart コマンドでパーティションを拡張します。

growpart デバイス名 パーティション番号

growpartの引数の意味は順にデバイス名、パーティション番号です。

[ec2-user@ip-10-0-10-7 ~]$ sudo growpart /dev/xvda 1
CHANGED: partition=1 start=4096 old: size=18870239 end=18874335 new: size=20967391 end=20971487
[ec2-user@ip-10-0-10-7 ~]$

 

変更後の確認(パーティション)

4.変更後の状態をlsblkコマンドで確認します。

[ec2-user@ip-10-0-10-7 ~]$ lsblk
NAME    MAJ:MIN RM SIZE RO TYPE MOUNTPOINT
xvda    202:0    0  10G  0 disk
mqxvda1 202:1    0  10G  0 part /
[ec2-user@ip-10-0-10-7 ~]$

4行目は、変更前は9Gでしたが、10Gになっています。

 

5.df -hコマンドでファイルシステムとディスク容量を確認します。

[ec2-user@ip-10-0-10-7 ~]$ df -h
Filesystem      Size  Used Avail Use% Mounted on
devtmpfs        474M     0  474M   0% /dev
tmpfs           483M     0  483M   0% /dev/shm
tmpfs           483M  468K  483M   1% /run
tmpfs           483M     0  483M   0% /sys/fs/cgroup
/dev/xvda1      9.0G  2.1G  7.0G  23% /
tmpfs            97M     0   97M   0% /run/user/1000
tmpfs            97M     0   97M   0% /run/user/0
[ec2-user@ip-10-0-10-7 ~]$

まだ9.0GBで変更が反映されていません。

 

6.ファイルシステムの拡張を行います。
ファイルシステムによって、パーティション拡張コマンドが異なります。
XFSは、xfs_growfsを使用します。
ext4は、resize2fsを使用します。

[ec2-user@ip-10-0-10-7 ~]$ sudo xfs_growfs /dev/xvda1
meta-data=/dev/xvda1             isize=512    agcount=5, agsize=524159 blks
         =                       sectsz=512   attr=2, projid32bit=1
         =                       crc=1        finobt=1 spinodes=0
data     =                       bsize=4096   blocks=2358779, imaxpct=25
         =                       sunit=0      swidth=0 blks
naming   =version 2              bsize=4096   ascii-ci=0 ftype=1
log      =internal               bsize=4096   blocks=2560, version=2
         =                       sectsz=512   sunit=0 blks, lazy-count=1
realtime =none                   extsz=4096   blocks=0, rtextents=0
data blocks changed from 2358779 to 2620923
[ec2-user@ip-10-0-10-7 ~]$

 

7.df -hで確認します。

[ec2-user@ip-10-0-10-7 ~]$ df -h
Filesystem      Size  Used Avail Use% Mounted on
devtmpfs        474M     0  474M   0% /dev
tmpfs           483M     0  483M   0% /dev/shm
tmpfs           483M  468K  483M   1% /run
tmpfs           483M     0  483M   0% /sys/fs/cgroup
/dev/xvda1       10G  2.1G  8.0G  21% /
tmpfs            97M     0   97M   0% /run/user/1000
tmpfs            97M     0   97M   0% /run/user/0
[ec2-user@ip-10-0-10-7 ~]$

10GBに変更されました。

公式サイトに手順があります。
https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/AWSEC2/latest/UserGuide/recognize-expanded-volume-linux.html

関連の記事

AWS EC2を作成するサンプル

△上に戻る