AWS EBSのスナップショット作成と復元(Windows)

AWSのEC2のEBSのスナップショットを作成し復元するサンプルです。(Windows2012)

目次

サンプル 概要
EBSのスナップショットを作成する
スナップショットからボリュームを作成する
インスタンスの既存のボリュームをデタッチ(取り外し)する
ボリュームをインスタンスにアタッチ(取り付け)する

概要

  • EC2(Windowsサーバ)のデスクトップにテスト用のファイルを作成します。
  • EC2のEBSのスナップショットを作成します。
  • EC2(Windowsサーバ)でテスト用のファイルを削除します。
  • 取得したスナップショット(テスト用のファイルあり)からボリュームを作成します。
  • EC2(Windowsサーバ)のボリュームをデタッチ(取り外し)します。
  • スナップショットのボリュームをアタッチ(取り付け)します。
  • Windowsサーバのデスクトップにテスト用ファイルがあることを確認します。
  • スナップショット+管理情報=AMIです。
    https://aws.typepad.com/sajp/2014/04/trainingfaqbest10.html

 

EBSのスナップショットを作成する

確認のためにWindowsサーバーのデスクトップにテキストファイルを作成しておきます。

1.EC2のインタンスの一覧からインスタンスIDのリンクをクリックします。

 

2.ストレージタブをクリックしボリュームIDのリンクをクリックします。

 

3.ボリュームIDの一覧から対象のボリュームにチェックを入れアクションからスナップショットの作成をクリックします。

 

4.説明を入力し「スナップショットの作成」をクリックするとスナップショットが作成されます。

 

5.画面左のスナップショットをクリックします。

 

6.スナップショットの一覧に作成したスナップショットが表示されます。

 

テスト用に作成したテキストファイルを削除しておきます。

 

スナップショットからボリュームを作成する

1.スナップショットの一覧で対象のスナップショットにチェックを入れアクションからスナップショットからボリュームを作成をクリックします。

 

2.ここではそのままでボリュームの作成をクリックします。

 

3.ボリュームの一覧を確認すると作成したボリュームはまだどこにもアタッチ(つける)していないので使用可能となっています。

 

インスタンスの既存のボリュームをデタッチ(取り外し)する

1.インスタンスを停止します。(※)

2.インスタンスの一覧からボリュームの一覧に遷移します。

3.ボリュームの一覧で対象のボリュームにチェックを入れ、アクションからボリュームのデタッチをクリックします。ボリュームがデタッチされます。

 

4.完了後にインスタンスの一覧からストレージタブをクリックするとボリュームを取り外したのでボリュームは、存在しないメッセージが表示されます。

 

※Dドライブ(ルートドライブでない)場合

インスタンスの停止をせずに操作はできます。

https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/AWSEC2/latest/WindowsGuide/ebs-detaching-volume.html

ただ外れない(付かない)場合もあります。インスタンス停止したほうが確実です。

Dドライブの付け外しの場合、リモートデスクトップ画面では一瞬画面が消えて再度表示されたときは、ディスクが外れて(付いて)います。

Cドライブ(ルートドライブ)はインタンスの停止が必要です。
インスタンスの起動状態でデタッチしようとすると以下のエラーが表示されます。

ボリュームのデタッチに失敗しました。

 

ボリュームをインスタンスにアタッチ(取り付け)する

1.アタッチするボリュームにチェックを入れ、アクションからボリュームのアタッチをクリックします。

 

2.アタッチするインスタンスを選択しデバイス名を入力してボリュームのアタッチをクリックします。

 

3.Windowsサーバーにリモートデスクトップからログインしデスクトップにテスト用のテキストファイルが存在することを確認します。

公式サイトに手順があります。
https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/AWSEC2/latest/WindowsGuide/recognize-expanded-volume-windows.html

関連の記事

AWS EC2を作成するサンプル

△上に戻る