AWS EC2のEBSを確認する

AWSのEC2(linux)のEBSを確認するサンプルです。

目次

サンプル EC2のEBSとは
AWSコンソールからEBSを確認する
Linuxにログインしてコマンドで確認する

EC2のEBSとは

  • EC2(サーバー)のディスク領域でElastic Block Storeの略です。
  • AWSコンソールとlinuxのコマンドから確認します。

 

AWSコンソールからEBSを確認する

1.AWSコンソールからEBSを確認するには、EC2のインタンスの一覧からインスタンスIDのリンクをクリックします。

 

2.ストレージタブをクリックするとEBSの情報が表示されます。

ルートデバイス名は、/dev/xvdaで

ルートデバイスタイプは、EBSとなっています。

ボリュームIDのある行では、ボリュームサイズ(GiB)が8になっています(8GiB)。

 

3.ボリュームIDをクリックしモニタリングタブをクリックするとディスクの使用の各種グラフを確認できます。

 

Linuxにログインしてコマンドで確認する

1.Linuxにログインしdf -hコマンドでディスク容量を確認できます。

[ec2-user@ip-10-0-10-7 ~]$ df -h
Filesystem      Size  Used Avail Use% Mounted on
devtmpfs        474M     0  474M   0% /dev
tmpfs           483M     0  483M   0% /dev/shm
tmpfs           483M  412K  483M   1% /run
tmpfs           483M     0  483M   0% /sys/fs/cgroup
/dev/xvda1      8.0G  2.1G  6.0G  26% /
tmpfs            97M     0   97M   0% /run/user/1000
[ec2-user@ip-10-0-10-7 ~]$

1行目は、df -hでディスク容量を表示しています。
7行目は、Filesystemに/dev/xvda1で、Sizeは8.0Gとあり、AWSコンソールで確認した値と同じです。

関連の記事

AWS EC2を作成するサンプル

△上に戻る