AWS CloudTrail のデータをAthenaで確認するサンプル

AWSのCloudTrailのデータをAthenaテーブルで確認するサンプルです。

目次

サンプル 目的
  Athenaテーブルを設定する
Athenaテーブルを確認する
Athenaテーブルでデータを確認する
ワークグループを使用する

目的

 

Athenaテーブルを設定する

1.検索入力欄で「CloudTrail」と入力し、表示された「CloudTrail」をクリックします。

2.「イベント履歴」をクリックします。

3.「Athenaテーブルを作成」をクリックします。

 

4.ストレージの場所を選択します。テーブルのCreate文は自動で生成されます。
テーブルの作成をクリックします。

 

5.検索入力欄で「Athena」と入力し、Athenaの画面に遷移します。
クエリエディタをクリックし、「設定を表示」をクリックします。

 

6.「管理」をクリックします。

 

7.「S3を参照」をクリックしてクエリ結果の場所(aws-athena-query-resuts-***)を指定します。
予期されるバケット所有者はログインしたAWSアカウントIDを指定します。
保存を押すとSQLを実行できるようになります。

 

Athenaテーブルを確認する

1.画面左のデータソースをクリックします。

 

2.データソース名のリンクをクリックします。

 

※データソースは、以下のようにのデータ元の選択候補として複数種類から選択して作成できます。

 

3.データベース名が表示されます。defaultという名前になっています。
データベース名のリンクをクリックします。

 

4.テーブル名が表示されます。テーブル名のリンクをクリックします。

 

5.テーブルの詳細と列の情報が表示されます。

 

Athenaテーブルでデータを確認する

1.Athenaの画面のクエリエディタをクリックしエディタタブをクリックします。

SQL文のfromの後のテーブル名は、画面左下のテーブルの下にあるcloudtrail_logs_aws_cloudtrail_logs_***をコピペして指定します。

2.「クエリ」の箇所にSQLを入力できます。

件数が多い場合は、eventTimeで日時の範囲を指定します。
where eventTime >= '2022-07-07 00:00:00' and eventTime < '2022-08-19 00:00:00'

 

3.実行結果は下にスクロールすると表示されます。

「結果をダウンロード」ボタンからデータをCSV形式でダウンロードできます。

S3にも実行した結果は保存されておりダウンロードできます。

 

ワークグループを使用する

1.画面左のワークグループをクリックします。

 

2.ワークグループの一覧が表示されます。primaryはデフォルトで最初からあります。
ワークグループを作成できます。ワークグループのtest1を作成しました。

 

3.クエリエディタの画面を表示します。ワークグループの選択をprimaryにしています。
使用しているタブが複数あります。

 

4.ワークグループの選択をtest1にするとタブがprimaryとは別になります。

関連の記事

AWS CloudTrailでEC2の起動を確認する
AWS CloudTrail Lakeでデータを確認するサンプル

△上に戻る