Java EclipseでMavenプロジェクトを新規作成して使用する手順

EclipseでMavenプロジェクトを新規作成して使用する手順です。

実行環境
・eclipse4.6

1.Mavenプロジェクトの作成

1.Mavenプロジェクトを作成します。ファイル>新規>その他をクリックします。

maven1

 

2.Mavenプロジェクトを選択します。

maven2

 

3.シンプルなプロジェクトの作成にチェックします。

 

4.グループIdとアーティファクトIdを入力します。

グループIdとアーティファクトIdについてApacheの公式サイトに命名規則の記載があります。
http://maven.apache.org/guides/mini/guide-naming-conventions.html

名称 説明
グループId  全てのプロジェクトと重複しない名称にする
例:org.apache.maven, org.apache.commons
アーティファクトId  バージョンを含めないjarファイルの名前にする
例:maven, commons-math

 

5.プロジェクトが作成されました。

maven5

2.ソースコードの準備

サンプルとしてlog4j 1.2が必要なソースコードを追加します。
ソースコードは、Java log4j 1.2でコンソールにログを出力するサンプル
「3.ソースコードの作成と実行」を参照願います。

※jarファイルの追加は次の「3.pom.xmlの修正」で行います。

外部jarをまだ取得していないのでエラーになっています。

maven6

3.pom.xmlの修正

1.pom.xmlをダブルクリックします。

maven13

 

2.依存関係タブをクリックし、追加ボタンを押します。

maven8

 

3.依存関係の情報(log4j 1.2の情報)を取得するため
MvnRepositoryのページを開きます。
http://mvnrepository.com/

 

4.検索欄でlog4jと入力して検索します。

maven9

 

5.検索結果からたどってlog4jの1.2.17のページを表示します。
MavenタブのgroupId,artifactId,versionの値をコピーし①、
Eclipseの依存関係の選択ダイアログのそれぞれの入力欄にペーストし②、
OKを押します。


maven10


maven11

4.実行結果の確認

pom.xmlを保存するとエラーが消え、ソースコードの実行ができます。
パッケージエクスプローラーのMaven依存関係にlog4j-1.2.17.jarが追加されています。

maven14

関連の記事

Eclipse 外部のjarファイルを使うためのクラスパス(ビルドパス)を設定する手順
Eclipse フォルダを作成してビルドパスに設定する手順
Java EclipseでJavaプロジェクトからMavenプロジェクトに変換する手順




△上に戻る