Eclipse Antのbuild.xmlを作成して実行するサンプル

EclipseのAntのbuild.xmlを作成して実行するサンプルです。
hello worldの表示とJavaのクラスのコンパイルを行います。

確認環境
・Windows 10
・Java 8
・Eclipse 4.8
・Apache Ant 1.10.3

目次

build.xmlを作成する

build.xmlを新規作成します。

1.現時点では、Javaプロジェクトにクラスが1つのみの状態です。

 

2.プロジェクトを右クリックしてエクスポートをクリックします。

 

3.「一般」→「Antビルドファイル」をクリックし次へを押します。

 

4.プロジェクトにチェックを入れ完了ボタンを押します。

 

5.build.xmlが作成されました。

 

build.xmlを修正する(Hello Worldを表示)

build.xmlを修正してHello Worldを表示するように修正します。
build.xmlはダブルクリックで開きます。

4行目のecho messageで指定した文言を表示します。

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8" standalone="no"?>
<project default="init">
    <target name="init">
    	<echo message="Hello World"/>
    </target>
</project>

 

Ant buildを実行する

作成したbuild.xmlを実行します。

1.build.xmlを右クリックし「実行」→「1 Antビルド」をクリックします。

 

2.実行が完了するとコンソールにHello Worldが表示されます。

 

build.xmlを修正する(Javaクラスをコンパイルする)

build.xmlを修正してJavaクラスをコンパイルするように修正します。

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8" standalone="no"?>
<project name="test1" default="init" >
	<property name="srcdir"	value="./src/test1" />
	<property name="destdir" value="./bin/test1" />
	
    <target name="init">
    	<echo message="コンパイルします"/>
    </target>
	
    <target name="compile" depends="init">
        <javac srcdir="${srcdir}" 
        	destdir="${destdir}" 
        	includeAntRuntime="false"/>
    </target>
</project>

2行目のprojectは、1つのみ指定します。defaultは、引数でtargetを指定しないときに行われます。
3,4行目のpropertyは、変数を設定しています。
6,10行目のtargetは、処理のまとまりです。複数設定可能です。target単位での処理が可能です。
10行目のdependsは、10行目のtargetの処理が行われる前のtargetを指定してします。
11行目のjavacは、javacコマンドでコンパイルを行います。
11行目のsrcdirは、javaファイルがある場所です。
12行目のdestdirは、クラスファイルを出力する場所です。
13行目のincludeAntRuntimeは、単語に分割するとinclude Ant Runtimeです。AntのRuntimeは不要なのでfalseにしています。

以下は、Apache Ant Tasksのリンクです。
https://ant.apache.org/manual/tasksoverview.html

 

build.xmlでコンパイルして確認する方法

build.xmlでコンパイルして、コマンドプロンプトのjavaコマンドで反映されているか確認します。

1.Eclipseの「プロジェクト」→「自動的にビルド」を外します。

 

2.javaファイルを更新した後に、build.xmlを実行します。javaファイルを更新しないとコンパイルされません。

build.xmlを右クリックし「実行」→「2 Antビルド」をクリックします。

 

3.「ターゲット」を選択し「compile」にチェックを入れて実行を押すとjavacコマンドが実行されます。compileという名称は、build.xmlの10行目のnameの値です。

 

4.コマンドプロンプトでjavaコマンドを実行して確認します。
以下のソースコードが対象とします。

package test1;

public class Test1 {
	public static void main(String[] args) {
		System.out.println("test1");
	}
}

 

5.コマンドプロンプトでjavaコマンドを実行します。

ポイントは、1.javaコマンドの引数にパッケージ名(test1)を指定した後にクラス名(Test1)を指定します。
2.javaコマンドを実行する場所は、Test1.classがあるパッケージのフォルダ内(test1)ではなく、1つ上のフォルダ(bin)で実行します。

関連の記事

 

△上に戻る