EclipseのGradleを実行するサンプル(Java)

EclipseのGradleを実行するサンプルです。

このサンプルでは、Gradleプロジェクトのデフォルトにあるクラスとテストクラスに対して、EclipseのGradleでコンパイル、テスト、jarファイルの作成を行います。

確認環境
・Windows 10
・Java 8
・Eclipse 4.8

目次

Gradleプロジェクトを作成する

Gradleプロジェクトを作成します。
EclipseでGradleプロジェクトを新規作成しjarを取得する(Java)

フォルダイメージ

クラスとテストクラスは、デフォルトで作成されているものを使用します。
Library.javaとLibraryTest.java。

 

コンパイルを実行する

Gradleでコンパイルを実行します。

1.「Gradleタスク」タブの「assemble」を右クリックして「Gradleタスクの実行」をクリックするとコンパイルが行われます。

 

2.「Gradle実行」タブで処理の時間を確認できます。

 

3.bin配下にclassファイルが作成されます。

 

テストを実行する

Gradleでテストを実行します。

「Gradleタスク」タブの「verification」→「test」を右クリックして「Gradleタスクの実行」をクリックするとユニットテストが行われます。

 

2.テストの結果は、build\reports配下にあります。
index.htmlをブラウザで開きます。

 

3.以下は、エラーがない場合の表示です。

 

4.以下は、エラーがあったときの表示です。

 

jarファイルを作成する

1.「Gradleタスク」タブの「jar」を右クリックして「Gradleタスクの実行」をクリックするとjarを出力します。

 

2.jarファイルは、build\libs配下にあります。

関連の記事

EclipseでGradleプロジェクトを新規作成しjarを取得する(Java)

△上に戻る