JenkinsでAntのbuild.xmlを実行するサンプル

JenkinsでAntのbuild.xmlを実行するサンプルです。

確認環境
・Windows10
・Java 8
・Eclipse 4.8
・Apache Ant 1.10.3

目次

目的

JenkinsからEclipseで作成したbuild.xmlを実行してJavaソースのコンパイルを行います。
build.xmlの内容は以下を参照願います。
Eclipse Antのbuild.xmlを作成して実行するサンプル

 

JDKとAntの設定を行う

JDKとAntの設定を行います。

1.「Jenkinsの管理」→「Global Tool Configuration」をクリックします。

 

2.JDKの設定を行います。
「名前」は任意で入力します。
「Java_HOME」は、JDKのフォルダを指定します。完了後、Applyボタンを押します。
Antの設定も行うため下にスクロールします。

 

3.Antの設定を行います。
「名前」は任意で入力します。
「ANT_HOME」は、Antのフォルダを指定します。以下の図は、EclipseのAntを指定しています。パスは、ant.batがあるbinフォルダの1つ上のフォルダまでを指定します。
完了後、Saveボタンを押します。

 

ジョブを作成する

ジョブを作成します。

1.新規ジョブ作成をクリックします。

 

2.名称を入力し、「フリースタイル・プロジェクトのビルド」をクリックし、OKボタンを押します。

 

3.「ビルド手順の追加」をクリックし、「Antの呼び出し」をクリックします。

 

4.「使用するAnt」で上記手順で設定したAntを選択し、「ターゲット」は、build.xmlのtargetのnameを指定します。ここではcompileを入力しました。その後、「高度な設定」をクリックします。

 

5.「ビルドファイル」にEclipseで設定したbuild.xmlをパス付きで入力し、保存ボタンを押します。完了後、保存ボタンを押します。
E:\dev\eclipse-photon\workspace-photon\test1\build.xml

 

 

ジョブを実行して確認する

1.「ビルド実行」をクリックします。

 

2.ジョブの実行完了後、ビルド履歴に#1が表示されます。赤枠の#1をクリックします。

 

3.「コンソール出力」をクリックします。

 

4.実行結果が表示されます。
3行目のcmd.exe /C のCは引数のコマンド(command)を実行するという意味です。Cドライブではありません。

関連の記事

Jenkinsをインストールする手順(Windows)
Jenkins ジョブの作成/変更/削除とHello Worldを表示する
Eclipse Antのbuild.xmlを作成して実行するサンプル
JenkinsでMavenを実行するサンプル

△上に戻る