Excel VBAのWhile文のサンプル

ExcelのVBAのWhile文のサンプルです。処理を繰り返す時に使用します。

目次

While文 While文
  ループを途中で終了する
  ループで処理をスキップする
比較演算子 比較演算子

While文

While 条件式
       実行される処理
Wend

While文のサンプルです。

Sub sample()
  Dim a As Integer
  a = 0
  
  While a < 5
    Debug.Print a '0 1 2 3 4
    a = a + 1
  Wend
End Sub

5行目は、値が5より小さい間、処理を繰り返します。
7行目は、条件になる値を加算しています。

ループを途中で終了する

ループを途中で終了するサンプルです。

Sub sample()
  Dim a As Integer
  a = 0
  
  While a < 5
    If (a = 3) Then
        GoTo point1
    End If
    Debug.Print a '0 1 2
    a = a + 1
  Wend
point1:
End Sub

while文では、Exitが使用できません。
そのため、7行目のようにGoToとラベルを指定します。
12行目はラベルです。

ループで処理をスキップする

ループで処理をスキップするサンプルです。

Sub sample()
  Dim a As Integer
  a = 0
  
  While a < 5
point1:
    If (a = 3) Then
        a = a + 1
        GoTo point1
    End If
    Debug.Print a '0,1,2,4が出力される
    a = a + 1
  Wend
End Sub

6行目はラベルです。
VBA文では、Continueが使用できません。
そのため、9行目のようにGoToとラベルを指定します。
このサンプルでは8行目の加算がないと無限ループになるので注意して下さい。

比較演算子

上記コードの<は比較演算子です。

比較演算子は、2つの値を比べて真偽値(true/false)を返します。
条件を満たしていればtrue,そうでない場合はfalseです。

等しくないとする場合は、<>とします。

比較演算子 説明
a = b aとbの値は等しい
a <> b aとbの値は等しくない
a > b aはbより大きい
a >= b aはbより大きい または 等しい
a < b aはbより小さい
a <= b aはbより小さい または 等しい

以下は、Microsoftの比較演算子 (Visual Basic)のリンクです。
https://docs.microsoft.com/ja-jp/dotnet/visual-basic/language-reference/operators/comparison-operators

関連の記事

Excel VBAのIF文のサンプル
Excel VBAのSelect Case文のサンプル
Excel VBAのFor文のサンプル
Excel VBAのDo Loop文のサンプル
Excel VBAのFor Each文のサンプル

△上に戻る