Excel VBAのセル/セルの範囲を指定して値をセットするサンプル

ExcelのVBAのセルまたはセルの範囲を指定して値をセットするサンプルです。

目次

セルを指定

以下のコードは、B3とC4のセルを指定して値を代入しています。
書き方はRangeまたはCellsを使う2つの方法があります。

Sub test1()

    ' B3のセルを表す
    Range("b3").Value = "test1"
    
    ' C4のセルを表す
    Cells(4, 3).Value = "test2"
    
End Sub

上記コードを実行すると、B3にtest1、C4にtest2が入力されます。

セルの範囲を指定

以下のコードは、B2からC2とB4からC6のセルの範囲を指定して値を代入しています。
書き方はコロンで区切る方法とカンマで区切る2つの方法があります。

Sub test1()

    ' b2からc2のセル範囲を表す
    Range("b2:c2").Value = "test3"
    
    ' b4からc6のセル範囲を表す
    Range("b4", "c6").Value = "test4"
    
End Sub

上記コードを実行すると、B2からC2にtest3、B4からC6にtest4が入力されます。

関連の記事

Excel VBAのIF文のサンプル
Excel VBAのSelect Case文のサンプル
Excel VBAのFor文のサンプル
Excel VBAのDo Loop文のサンプル
Excel VBAのFor Each文のサンプル
Excel VBAの変数の宣言を強制するサンプル
Excel VBAのデータ型
Excel VBAのワークシートの値をテキストに書き出すサンプル



△上に戻る