Excel VBA セルに値を設定/取得するサンプル

Excel(エクセル)のVBAのセルに値を設定/取得するサンプルです。

目次

セルに値を設定する

セルに値を設定するサンプルです。
セルはRangeまたはCellsで場所を指定してValueに値を設定します。

Sub test1()

    ' A1のセルに値をセット
    Range("a1").Value = "赤"
    
    ' B2のセルに値をセット
    Cells(2, 2).Value = "黄"
    
    ' C3のセルに値をセット
    Cells(3, "C").Value = "青"
    
End Sub

4行目は、Rangeでセルを指定して値を設定しています。
7行目の(2,2)は、(2行目、2列目)を表します。
10行目の(3,"C")は、(3行目、C列)を表します。

結果

上記コードを実行すると、以下のようにセルに値が設定されます。
A1に赤、2行目の2列目に黄、3行目のC列に青。

 

セルの値を取得する

セルの値を取得するサンプルです。
セルはRangeまたはCellsで場所を指定してValueで値を取得します。

Sub test1()

    ' A1のセルの値を取得
    MsgBox Range("a1").Value
    
    ' B2のセルの値を取得
    MsgBox Cells(2, 2).Value
    
    ' C3のセルの値を取得
    MsgBox Cells(3, "C").Value
    
End Sub

4行目は、Rangeでセルを指定してValueで値を取得しています。
7行目の(2,2)は、(2行目、2列目)を表します。
10行目の(3,"C")は、(3行目、C列)を表します。

結果

上記コードを実行すると、以下のようにセルから値を取得してメッセージボックスが表示されます。

 

セルを範囲で指定する

セルを範囲で指定するサンプルです。

Sub test1()

    ' b2からc2のセル範囲を表す
    Range("b2:c2").Value = "test3"
    
    ' b4からc6のセル範囲を表す
    Range("b4", "c6").Value = "test4"
    
End Sub

4行目は、Rangeで2つのセルをコロンで区切って指定しValueに値を設定しています。
7行目は、Rangeで2つのセルをカンマで区切って指定しValueに値を設定しています。

結果

上記コードを実行すると、以下のようにセルに値が設定されます。
赤枠がB2からC2までで、黄枠がB4からC6までです。

 

別シートのセルを指定する

別シートのセルを指定して値を設定するサンプルです。
Rangeの前にSheets(シート名)を指定します。

Sub test1()

    ' sheet2のA1のセルに値をセット
    Sheets("sheet2").Range("a1").Value = "赤"
    
    ' sheet2のB2のセルに値をセット
    Sheets("sheet2").Cells(2, 2).Value = "黄"
    
    ' sheet2のC3のセルに値をセット
    Sheets("sheet2").Cells(3, "C").Value = "青"
    
End Sub

4,7,9行目とも「sheet2」を指定しています。

関連の記事

Excel VBAのIF文のサンプル
Excel VBAのSelect Case文のサンプル
Excel VBAのFor文のサンプル
Excel VBAのDo Loop文のサンプル
Excel VBAのFor Each文のサンプル
Excel VBAの変数の宣言を強制する(Option Explicit)
Excel VBAのデータ型
Excel VBA セルの値をテキストに出力するサンプル

△上に戻る