Excel VBA 文字列を切り出す(Left/Mid/Right)

Excel VBAのLeft/Mid/Right関数で、文字列を切り出すサンプルです。

目次

文字列 左から文字を切り出す(Left)
  指定の位置から文字を切り出す(Mid)
  右から文字を切り出す(Right)

左から文字を切り出す(Left)

Left(文字列,文字数)
  • Left関数は文字列の左から指定した文字数分の文字を切り出します。

左から文字を切り出すサンプルです。

Sub test1()
    Dim a As String
    a = "abcde"

    Debug.Print Left(a, 1) 'a
    Debug.Print Left(a, 2) 'ab
    Debug.Print Left(a, 3) 'abc
    
    Dim b As String
    b = "あいうえお"

    Debug.Print Left(b, 1) 'あ
    Debug.Print Left(b, 2) 'あい
    Debug.Print Left(b, 3) 'あいう
End Sub

3行目は、半角文字です。
10行目は、全角文字です。

指定の位置から文字を切り出す(Mid)

Mid(文字列,開始の位置,文字数)
  • Mid関数は、指定した箇所から指定した文字数分の文字を切り出します。
  • 開始の位置は、1から始まります。

指定の位置から文字を切り出すサンプルです。

Sub test1()
    Dim a As String
    a = "abcde"
    
    Debug.Print Mid(a, 1, 1) 'a
    Debug.Print Mid(a, 1, 2) 'ab
    Debug.Print Mid(a, 1, 3) 'abc
    Debug.Print Mid(a, 2, 1) 'b
    
    Dim b As String
    b = "あいうえお"
    
    Debug.Print Mid(b, 1, 1) 'あ
    Debug.Print Mid(b, 1, 2) 'あい
    Debug.Print Mid(b, 1, 3) 'あいう
    Debug.Print Mid(b, 2, 1) 'い
End Sub

3行目は、半角文字です。
11行目は、全角文字です。

右から文字を切り出す(Right)

Right(文字列,文字数)
  • Right関数は文字列の右から指定した文字数分の文字を切り出します。

右から文字を切り出すサンプルです。

Sub test1()
    Dim a As String
    a = "abcde"

    Debug.Print Right(a, 1) 'e
    Debug.Print Right(a, 2) 'de
    Debug.Print Right(a, 3) 'cde
    
    Dim b As String
    b = "あいうえお"

    Debug.Print Right(b, 1) 'お
    Debug.Print Right(b, 2) 'えお
    Debug.Print Right(b, 3) 'うえお
End Sub

3行目は、半角文字です。
10行目は、全角文字です。

関連の記事

Excel VBA 文字列の位置を取得する(InStr/InStrRev)
Excel VBA 英字の大文字と小文字を変換(UCase/LCase)

△上に戻る