VBA 変数の宣言を強制する(Option Explicit)

VBAのOption Explicitで、変数の宣言を強制するサンプルです。Excel、Accessとも同じです。

目次

サンプル 変数の宣言を強制する(Option Explicit)
  変数を宣言していなかった場合
  Option Explicitの設定

変数の宣言を強制する(Option Explicit)

Option Explicit
  • Option Explicitと記述することにより変数の宣言を強制します。
  • 宣言されていない場合コンパイル時にエラーになります。
  • 変数の宣言を強制することによりバグを減らします。
  • 一番最初に記述する必要があります。
  • Explicitは、明示的という意味です。

Option Explicitのサンプルです。

Option Explicit
Sub test1()
    Dim goukei As Integer
    goukei = 0
    
    Do While goukei < 5
        goukei = goukei + 1
    Loop
    MsgBox goukei '5

End Sub

1行目のOption Explicitを記述することによって変数の宣言を強制できるようになります。
3行目が変数を宣言している箇所です。

変数を宣言していなかった場合

Option Explicitを記述し、使用している変数を宣言していなかった場合です。
マクロを実行すると、以下のようにダイアログが表示され対象の変数が選択されます。

Option Explicitの設定

この設定をすると、新規でモジュールを追加した時に、Option Explicitを先頭に記述してくれます。

1.ツール→オプションを選択します。

2.変数の宣言を強制するにチェックを入れます。

以下は、MicrosoftのOption Explicitのリンクです。
https://docs.microsoft.com/ja-jp/office/vba/language/reference/user-interface-help/option-explicit-statement

関連の記事

VBA IF文のサンプル(Excel/Access)
VBA Select Case文のサンプル(Excel/Access)

△上に戻る