Excel VBAのデータ型

ExcelのVBAのデータ型です。

目次

データ型

データ型 データ型名 説明
Byte バイト型 0~255
Integer 整数型 -32,768~32767
Long 長整数型 -2,147,483,648~2,147,483,647
Single 単精度・浮動小数点型 (負の値) -3.402823E38 ~ -1.401298E-45  
(正の値)1.401298E-45 ~ 3.402823E38
Double 倍精度・浮動小数点型 (負の値) -1.79769313486232E308 ~ 
-4.94065645841247E-324
(正の値)4.94065645841247E-324 ~ 1.79769313486232E308 
Currency 通貨型  -922,337,203,685,477.5808 ~
922,337,203,685,477.5807
String 文字列型  最大約20億文字
Date 日付型  西暦100 年1月1日~西暦9999年12月31日
Boolean ブール型 True またはFalse。初期値はFalse
Object オブジェクト型  オブジェクトを参照するデータ型
Variant バリアント型 すべての基本データ型を格納できる

データ型の使用例

Dim 変数名 As データ型

2行目でgoukeiという変数名のInteger型を宣言しています。

Sub test1()
    Dim goukei As Integer
    goukei = 0
    
    Do While goukei < 5
        goukei = goukei + 1
    Loop
    MsgBox goukei '5

End Sub

(補足) 定数について

データ型を宣言するDimの代わりにConstを記述すると定数になります。
定数は変数の値を変更をすることはできません。

Const 変数名 As データ型
Sub test1()
    Const ShyouhiZei As Double = 0.08
End Sub

関連の記事

Excel VBAのIF文のサンプル
Excel VBAのSelect Case文のサンプル
Excel VBAのFor文のサンプル
Excel VBAのDo Loop文のサンプル
Excel VBAのFor Each文のサンプル
Excel VBAの変数の宣言を強制するサンプル
Excel VBAのセル/セルの範囲を指定して値をセットするサンプル
Excel VBAのワークシートの値をテキストに書き出すサンプル



△上に戻る