Python 文字列の置換のサンプル(replace)

Pythonの文字列の置換のサンプルです。

確認環境
・Python 3.7.0

目次

replace

変数 = 文字列.replace( 置換対象の文字列, 変換後の文字列 [,  置換する回数] )
  • 文字列に対して、1つめの引数の文字列を2つめの引数の文字列に変換します。
  • 3つめの引数は、置換する回数です。置換対象の文字列が5個あって、置換する回数に2を指定すると文字列の左から2個を置換します。
  • 戻り値は、新しい文字列です。変換前の文字列は変更されません。
  • 以下は、python3.6.5ドキュメントのreplaceのリンクです。
    https://docs.python.jp/3/library/stdtypes.html#str.replace

replaceメソッドで文字列を変換する

5行目は、replaceで対象の文字列(あいうえお)の(えお)を(けこ)に変換して値を返します。
9行目の変換元の変数aの値を表示しています。値は変わっていません。

# coding: utf-8

a = "あいうえお"

b = a.replace("えお","けこ")

print(b) # あいうけこ

print(a) # あいうえお

replaceメソッドで文字列を削除する

5行目は、replaceの2つめの引数を空文字("")にしています。対象の文字列が削除されます。

# coding: utf-8

a = "あいうえお"

b = a.replace("えお","")

print(b) # あいう

replaceメソッドの3つめの引数を指定

replaceメソッドの3つめの引数は、置換する回数です。

5行目は、置き換えを文字列の左からみて1回実行しています。
9行目は、置き換えを文字列の左からみて2回実行しています。

# coding: utf-8

a = "あいあいあ"

b = a.replace("あ","z",1)

print(b) # zいあいあ

c = a.replace("あ","z",2)

print(c) # zいzいあ

関連の記事

Python 文字列の始め/終わりを確認するサンプル(startswithとendswith)
Python 文字の位置を取得するサンプル(find/index)
Python 文字列を区切り文字で分割するサンプル(split)
Python 文字列の大文字と小文字を変換(upper/lower/capitalize/swapcase/title)
Python エスケープシーケンスとraw文字列のサンプル
Python 文字列の先頭と末尾を削除するサンプル(strip)



△上に戻る