Python 文字を結合する(+演算子/str関数/format/f文字列)

Pythonの文字を結合するサンプルです。

確認環境
・Python 3.7.0

目次

文字を結合する(+演算子)

文字を+演算子で結合するサンプルです。

# coding: utf-8

print('AB' + 'CD') # ABCD

a = 'あいう'

b = 'えお'

print(a + b) # あいうえお

3行目は、文字列リテラルを+演算子で結合しています。
9行目は、文字列の変数を+演算子で結合しています。

数値と文字列を結合する(str関数)

数値と文字列を結合するサンプルです。

# coding: utf-8

a = 1

# print(a + "です") # エラーになります

print(str(a) + "です") # 1です

5行目は、数値と文字列を+演算子で結合しようとしますがエラーになります。
7行目は、str関数で数値を文字列にして、+演算子で結合しています。文字列が表示されます。

値を埋め込んで文字列を結合する(formatメソッド)

str.format(*args, **kwargs)

formatメソッドは値を埋め込んで文字列を結合します。

# coding: utf-8

a = "red"

b = "blue"

print("赤は{}で青は{}です".format(a,b)) #赤はredで青はblueです

7行目は、formatメソッドで3行目と5行目の値を{}の中に埋め込んで文字列を結合しています。
https://docs.python.org/ja/3/library/stdtypes.html#str.format

値を埋め込んで文字列を結合する(f文字列)

f文字列は値を埋め込んで文字列を結合します。
バージョン 3.6 で追加されました。

# coding: utf-8

a = "red"

b = "blue"

print(f"赤は{a}で青は{b}です") #赤はredで青はblueです

7行目は、先頭にfがあります。3行目と5行目の値を{}の中に埋め込んで文字列を結合しています。
上記のformatメソッドより簡潔に記述できます。
https://docs.python.org/ja/3/tutorial/inputoutput.html#tut-f-strings
https://docs.python.org/ja/3/reference/lexical_analysis.html#formatted-string-literals

関連の記事

Python 文字列の始め/終わりを確認する(startswith/endswith)
Python 文字を検索し値を返す(find/index)
Python 英字の大文字と小文字を変換(upper/lower/capitalize/swapcase/title)
Python エスケープシーケンスとraw文字列のサンプル
Python 文字列の先頭と末尾を削除する(strip/lstrip/rstrip)
Python 文字列の一部を取得する(スライス)

△上に戻る