Python 正規表現で一致した文字列のリストを返す(findall)

Pythonのfindallメソッドの正規表現で一致した文字列のリストを返すサンプルです。

確認環境
・Python 3.7.2

目次

メソッド findallメソッド
AB 文字列を指定
[AB] 文字をORで指定
[^A] 文字を否定で指定
[A-C] 文字を範囲で指定
c{2} 連続する文字を指定
c{2,} 連続する文字(個以上)を指定
c+ 1回以上出現している文字を指定
  大文字小文字を無視する
パターン 正規表現の主なパターン

findallメソッド

re.findall(pattern, string, flags=0)
  • 1つめの引数は、正規表現です。
  • 2つめの引数は、対象の文字列です。
  • 戻り値は、リスト(配列)です。
  • 対象がヒットしない場合は空のリスト(配列)を返します。
  • 戻り値があるかはif文で判定できます。
    a= re.findall(pattern, string)
    if a:
      処理
  • 最初にimport reの記述が必要です。

文字列を指定

# coding: utf-8
import re

a = "BC"

b = re.findall(a,'ABCABC')
if b:
	print(b[0]) # BC
	print(b[1]) # BC
else:
	print(b)

4行目は、文字列「BC」を指定しています。
6行目のfindallメソッドの引数にはBCが2つあります。
8,9行目は、それぞれBCが表示されます。

文字をORで指定

# coding: utf-8
import re

a = "[AE]"

b = re.findall(a,'ABCABC')
if b:
	print(b[0]) # A
	print(b[1]) # A
else:
	print(b)

4行目は、「A」または「E」を指定しています。
8,9行目は、Aが表示されます。

文字を否定で指定

# coding: utf-8
import re

a = "[^A]"

b = re.findall(a,'ZZZ')
if b:
	print(b[0]) # Z
	print(b[1]) # Z
	print(b[2]) # Z
else:
	print(b)

4行目は、「A」以外の文字を指定しています。
8,9,10行目は、Zが表示されます。

文字を範囲で指定

# coding: utf-8
import re

a = "[A-C]"

b = re.findall(a,'ZZCZB')
if b:
	print(b[0]) # C
	print(b[1]) # B
else:
	print(b)

4行目は、「A」または「B」または「C」の文字を指定しています。
8,9行目は、C,Bが表示されます。

連続する文字を指定

# coding: utf-8
import re

a = "c{2}"

b = re.findall(a,'acccbcc')
if b:
	print(b[0]) # cc
	print(b[1]) # cc
else:
	print(b)

4行目は、正規表現で「c」が2回連続することを指定しています。
6行目はfindallメソッドです。
7行目のif文はtrueになります。
8,9行目は、ccが表示されます。

連続する文字(個以上)を指定

# coding: utf-8
import re

a = "c{2,}"

b = re.findall(a,'acccbcc')
if b:
	print(b[0]) # ccc
	print(b[1]) # cc
else:
	print(b)

4行目は、正規表現で「c」が2回以上連続することを指定しています。
6行目はfindallメソッドです。
7行目のif文はtrueになります。
8,9行目は、cccとccが表示されます。

1回以上出現している文字を指定

# coding: utf-8
import re

a = "c+"

b = re.findall(a,'acccbcc')
if b:
	print(b[0]) # ccc
	print(b[1]) # cc
else:
	print(b)

4行目は、正規表現で「c」が1回以上出現しているを指定しています。
6行目はfindallメソッドです。
7行目のif文はtrueになります。
8,9行目は、cccとccが表示されます。

大文字小文字を無視する

# coding: utf-8
import re

a = "c+"

b = re.findall(a,'ACBc',re.IGNORECASE)
if b:
	print(b[0]) # C
	print(b[1]) # c
else:
	print(b)

4行目は、正規表現で「c」が1回以上出現しているを指定しています。
6行目は、findallメソッドの3つめの引数にre.IGNORECASEを指定しています。大文字小文字を無視します。
7行目のif文はtrueになります。
8,9行目は、Cとcが表示されます。

以下はPython 3.7.3 ドキュメントのsearchメソッドのリンクです。
https://docs.python.org/ja/3/library/re.html#re.findall

正規表現の主なパターン

以下は、正規表現の主なパターンです。

パターン パターンの意味
ABD ABDという文字か。
[ABD] A or B or Dのどれか1文字が入っているか。
[^ABD] A と B と D以外の1文字が入っているか。
[A-D] A or B or C or Dのどれか1文字が入っているか。
A|B|D A or B or Dのどれか1文字が入っているか。
[a-zA-Z] 英字の小文字のaからzまたは大文字のAからZのどれか1文字が入っているか。
^A 先頭の文字はAか。
A$ 最後尾の文字はAか。
* *の直前の文字が0回以上の繰り返し。
+ +の直前の文字が1回以上の繰り返し。
? ?の直前の文字が0回または1回の繰り返し。
{n} n回続いている。
{n,} n回以上続いている。
 . 任意の一文字を表す。
¥s 比較する文字に、空白1文字がある。
¥S 比較する文字に、空白以外の1文字がある。
¥d 比較する文字に、数字1文字がある。 ([0-9]と同じ)
¥D 比較する文字に、数字以外の1文字がある。  ([^0-9]と同じ)
¥w (8ビットパターンの場合)比較する文字に、小文字の英字 or 大文字の英字 or 数値 or アンダースコアの1文字がある。[a-zA-Z0-9_]と同じ
(Unicode (str) パターンの場合)Unicode 単語文字にマッチします。
¥W ¥wの否定。
[^¥w]と同じ

以下は、re --- 正規表現操作のリンクです。
https://docs.python.org/ja/3/library/re.html

関連の記事

Python 正規表現で一致した最初の文字列を返す(search)
Python 文字列を分割してリストにする(split)
Python 文字列を置換する(replace)

△上に戻る